箱根駅伝2016BACK NUMBER

[平成8年第72回大会優勝] 中央大学「怪物“渡辺康幸”に10人の総合力で挑む」

posted2015/12/17 07:00

 
[平成8年第72回大会優勝] 中央大学「怪物“渡辺康幸”に10人の総合力で挑む」<Number Web> photograph by PHOTO KISHIMOTO

8区で川波が暴走とも言えるペースを出した時、コーチは頭を抱えたというが、それが32年ぶりの歓喜への呼び水となった。

text by

熊崎敬

熊崎敬Takashi Kumazaki

PROFILE

photograph by

PHOTO KISHIMOTO

 8区・平塚中継所。早稲田大学より5秒早く襷を受けた首位、中央大学の川波貴臣が長髪をなびかせて猛然と駆け出した。入りの1キロは2分43秒。箱根駅伝ではちょっと考えられない速いタイムだ。

 背後についていた早大の姿が、みるみるうちに小さくなる。だが、中大コーチの大志田秀次は頭を抱えた。

「あーあ、終わっちゃったよ……」

 九州男児。負けん気が強く、前半から飛ばしていく川波には、後半失速する悪い癖があったからだ。

「あれほど飛ばすなと言ったのに……。いままでの流れをどうしてくれるんだ」

 川波につなぐまで中大は思い通りのレースを展開し、32年も遠ざかっていた悲願の優勝を確実に視界に捉えていた。

最大のライバル早大への勝算。

 中大にとって最大のライバルは早大だった。11月に伊勢路で行なわれた全日本大学駅伝で、中大は終始レースを引っ張りながら、最終区で早大に逆転を許した。渡辺康幸に1分31秒差を引っ繰り返されたエースの松田和宏は、ゴール直後に泣き崩れた。

 早大には松田が「あの人は天才ですから」と脱帽する日本長距離界のスーパースター、渡辺がいる。だが大志田コーチには、打倒早大への確かな勝算があった。

「8人で勝負する全日本なら負けるかもしれないけど、箱根は10人。それなら終盤に競り勝つこともできる。というのも我々は、出場校の中で5000でも1万メートルでも20キロでも平均タイムが一番でしたから」

 過去10年で3位が6回。毎年のように優勝候補に挙げられてきた中大だが、なかなか勝つことができなかった。それはなぜか。調整方法に問題があると考えた大志田コーチは、いままでの方法を改めることにした。メンバー発表の時期を前倒しして、同時にだれがどの区間を走るか明確にしたのだ。

【次ページ】 狙い通りの展開からの……。

1 2 3 4 NEXT

ページトップ