ゴルフボールの転がる先BACK NUMBER

男女賞金王を韓国ゴルファーが独占!
「このままでは日本ツアーを……」 

text by

桂川洋一

桂川洋一Yoichi Katsuragawa

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2015/12/03 10:30

男女賞金王を韓国ゴルファーが独占!「このままでは日本ツアーを……」<Number Web> photograph by Getty Images

イ・ボミのニックネームは“スマイルキャンディ”。日韓両ツアーでの賞金女王経験者は初である。

「このままでは、日本のツアーをつぶしてしまう」

 だが、もう甘えてばかりはいられない。ただの賞金稼ぎの場に過ぎない、と捉えるわけにもいかなくなった。「このままでは、僕たちは貢献できないまま、日本のツアーをつぶしてしまう」――。ファンを相手にするプロゴルファーとしての意識がわいた途端、置かれた立場が身に沁みるようになったのである。

「鶏が先か、卵が先か」という話だが、不思議なことに日本でトップに上り詰めた韓国人選手は、ツアーへの絶妙な溶け込み方を見せている。

 今年、キム・キョンテが飾った最初の勝利である6月のタイランドオープンはタイ・サイアムで行われた日本とワンアジアツアーとの共同主管競技だった。キムは当地での優勝スピーチを「自分は日本語でやりたい」と申し出て、日本ツアーの一員であることをアジアに向けてアピールした。

 11月、米国と日本の両女子ツアーを兼ねたTOTOジャパンクラシックでは、アン・ソンジュが「私は韓国人だけど、日本ツアーの代表選手としてアメリカの選手に負けたくない」とプライドを振りかざして優勝した。日本参戦6年目。もう平仮名、片仮名の読み書きもできる。オフの週には母国に帰らず、新潟県内のゴルフ場で練習に励むことも少なくない。

 アンが優勝したその試合の期間中、イ・ボミの耳には純白のパールのピアスが輝いていた。会場は日本有数の真珠の産地である、三重県の伊勢志摩だった。「(関係者から)もらったんです。(真珠が)名産と聞いて、これに決めました」という、さりげない演出だった。

自分たちが所属するツアーの価値を高めるために。

 言うまでもなく、外国語能力やコミュニケーションの力はゴルフのスコアに直接的に影響しない。ただ、賞金王、賞金女王になるような韓国人プレーヤーは、通訳なしでも懸命に日本語を操り、積極的に日本に寄り添おうとしているというのも、見過ごすことのできない事実である。

 海賊のような荒々しい「強さ」だけではない、ツアーにとってのコンテンツのひとつになろうとする努力が垣間見える。むしろ、彼ら、彼女らのそんな立ち振る舞いの多才ぶりと謙虚さに、紛れもない「強さ」が透けて見えるのだ。

国内外のトーナメント速報をいち早くお届け!!
「ゴルフダイジェスト・オンライン」   http://news.golfdigest.co.jp/

関連記事

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 国内外のトーナメント速報をいち早くお届け!!

BACK 1 2 3
イ・ボミ
キム・キョンテ

女子ゴルフの前後の記事

ページトップ