メジャーリーグPRESSBACK NUMBER

松田宣浩が踏み出すべき最初の一歩。
メジャー挑戦の“夢”と“ビジネス”。 

text by

ナガオ勝司

ナガオ勝司Katsushi Nagao

PROFILE

photograph byNanae Susuki

posted2015/11/18 10:40

松田宣浩が踏み出すべき最初の一歩。メジャー挑戦の“夢”と“ビジネス”。<Number Web> photograph by Nanae Susuki

海外FAを宣言した松田宣浩。2015年シーズンは35本塁打を記録。プレミア12でも1本塁打ほか、活躍を見せる。

斎藤隆のサクセス・ストーリー。

 井口や岩隈のメジャーにおける成功は、失敗するリスクを背負って達成されたことだった。プロ野球選手の成功が必ずしも金銭面での成功とリンクすべきだとは言わないが、彼らの他にも“夢”を“夢”のままに終わらせず、ビジネス面でもサクセス・ストーリーを築いた選手はいた。

 たとえば今季限りで引退した前東北楽天の斎藤隆投手。彼は最初の「メジャー挑戦」でマイナー契約という低い評価をされながら、オープン戦でしっかりと結果を残してメジャー契約に変更。単年50万ドル(6000万円)。翌年が100万ドル(1億2000万円)。その翌年が200万ドル(2億4000万円)とまさしく、3年連続で「倍返し」してみせた。4年目の2009年は基本給150万ドル(1億8000万円)ながら、付随したインセンティブ契約の条件をすべて満たして総額750万ドル(9億円)もの大金を手にしている。

単年契約で挑戦する価値はある。

 松田や彼の代理人が望むような契約を最初から結んでくれるメジャー球団は現れないかも知れないが、とりあえず、単年契約で「メジャー挑戦」してみる価値はある。格安でもそれがメジャー契約ならしめたもの。斎藤よりもはるかにチャンスが与えられたことになるし、「日本人の内野手がメジャーで成功するのは難しい」と言われていようが何だろうが、来季、メジャーでレギュラー・ポジションを獲得するような活躍が出来れば評価はガラリと変わる。そうなれば来年以降に複数年の契約を勝ち取れる可能性があるし、二度目の契約の内容は格段に良くなる。もしかしたら、福岡ソフトバンクの提示する契約より遥かに良い契約を勝ち取れるかも知れない。

 冒頭に登場したハーンGMは、インタビューの最後にこう言っている。

「(井口を獲得した)2004年と違って、今ではビデオやネットで外国の選手がプレーしているビデオが簡単に入手できるから、公開トライアウトは必要ないと思うけど、その選手には実際にどんなことを出来るのか、どんな気持ちで外国でプレーしたいと思っているのかを知ることは重要なことだと思う」

 大事なのは「最初の一歩」を踏み出すこと。松田に限らず、「メジャー挑戦」を「夢」だと呼ぶのなら、最後のチャンスに熱くなってみてもいいのではないか。

関連記事

BACK 1 2 3 4
松田宣浩
井口資仁
松井稼頭央
西岡剛
中島裕之
岩隈久志
斎藤隆
シカゴ・ホワイトソックス

MLBの前後の記事

ページトップ