SCORE CARDBACK NUMBER

メジャー初めての登板に隠されたイチローの本心。~本来の打撃を取り戻すための、最初で最後のマウンド~ 

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph byAFLO

posted2015/11/24 06:00

メジャー初めての登板に隠されたイチローの本心。~本来の打撃を取り戻すための、最初で最後のマウンド~<Number Web> photograph by AFLO

直球にスライダーとチェンジアップを交えた投球は、MLBの最優秀話題賞にノミネート。

 マーリンズのイチローが10月4日、今季の公式戦最終戦となったフィリーズ戦で投手としてマウンドに上がった。4点ビハインドの8回裏を前に自ら志願。高校時代は投手としても活躍した希代のバットマンが、数々の大記録とは異なる種類の、長年の夢を叶えた。

 打者5人に対し、2安打1失点。最速89マイル(約143km)の結果に、イチローは「ショックですね。最低90(マイル)とは思っていたので」と苦笑しながら振り返った。日本ハム大谷翔平のように「二刀流」を目指したわけでもなければ、登板結果を周囲がどう受け止めるか、は問題ではない。イチローにとって、「消化試合」での話題作りや、個人的な興味で打者を抑えることは、真意ではなかった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 605文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

浅田真央 スマイルアゲイン

Sports Graphic Number 890

浅田真央 スマイルアゲイン

 

イチロー
マイアミ・マーリンズ

MLBの前後の記事

ページトップ