SCORE CARDBACK NUMBER

ワールドシリーズに見るメジャーの投手力回帰。~長打力頼みのチームが消え、投手陣が武器のチームが進出~ 

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2015/11/08 08:00

ワールドシリーズに見るメジャーの投手力回帰。~長打力頼みのチームが消え、投手陣が武器のチームが進出~<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

昨季新人王を獲得したデグロムは、今季14勝8敗。防御率2.54はチーム先発陣でトップ。

 野球の基本は、「投手力」。

 長年、球界の常識と言われてきたフレーズに回帰するかのように、メッツとロイヤルズが、強力な投手陣を中心にプレーオフを勝ち抜き、ワールドシリーズ(WS)へ進出した。

 メッツの場合、ハービー、デグロム、シンダーガードと、いずれも27歳以下の先発陣が、常時95マイル(約153km)以上の速球を武器に、ライバル球団のスラッガーを封じ込めてきた。一昨年オフ、「トミー・ジョン」と呼ばれる右肘手術を受けたハービーだけでなく、3人とも年間200イニング以上を投げたことがなく、ポストシーズンの修羅場も経験していない。それでも、並外れた潜在能力を生かし、他球団を圧倒する投球を続け、チームを15年ぶりのWSへ導いた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 583文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

BASEBALL FINAL 2015

Sports Graphic Number 889

BASEBALL FINAL 2015

 

ニューヨーク・メッツ
カンザスシティ・ロイヤルズ

MLBの前後の記事

ページトップ