プロレスのじかんBACK NUMBER

最後までプロレスは“辛口”で――。
天龍源一郎、堂々たる革命の終焉。 

text by

井上崇宏

井上崇宏Takahiro Inoue

PROFILE

photograph byEssei Hara

posted2015/11/17 16:00

最後までプロレスは“辛口”で――。天龍源一郎、堂々たる革命の終焉。<Number Web> photograph by Essei Hara

ジャンボ鶴田、阿修羅・原(共に故人)、藤波辰爾(61)、長州力(63)らと半世紀近くも戦い続けたレジェンド。

ジャンボ鶴田も阿修羅・原もいない時代に。

 目の前のテーブルに一列に並べられた缶ビールの銘柄はアサヒのスーパードライ。天龍はそのうちの1本を手に掴みながら、話を続ける。

「これは俺が(阿修羅・)原と(龍原砲を)やり始めたときに、世の中に出たビールだったんですよね。美味しかったですねえ。あの頃と同じテイストがするか? ちょっと失礼して……」

 ジャンボ鶴田も阿修羅・原もすでに他界してしまった2015年11月15日、オカダのドロップキックを何発も喰らい、最後は必殺レインメーカーで壮絶に散った天龍源一郎は、昔と変わらず男気溢れる天龍源一郎のままだったと思うが、天龍の“革命終焉”を見届けに会場に“戻って”きた人たちの目にプロレスはどのように映っただろうか?

 スーパードライを口につける天龍。

「うん、シャープだね!」

 あの1987年の走り続けた日々と同じテイストを確認した天龍は、にっこりと笑みを浮かべた――。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4 5 6

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

天龍源一郎
阿修羅・原
アントニオ猪木
ジャンボ鶴田
ジャイアント馬場
オカダ・カズチカ
輪島大士

プロレスの前後のコラム

ページトップ