箱根駅伝PRESSBACK NUMBER

全日本大学駅伝で起きた番狂わせ。
東洋大・口町亮はなぜ覚醒したのか? 

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph byShunsuke Mizukami

posted2015/11/06 10:30

全日本大学駅伝で起きた番狂わせ。東洋大・口町亮はなぜ覚醒したのか?<Number Web> photograph by Shunsuke Mizukami

口町は出雲駅伝でも区間記録に3秒まで迫る快走で区間賞。ダイナミックなフォームが目を引く。

「2区は周りの選手が強いので走りたくない(笑)」

「こんな風になるなんて全く思っていなかったですね。高校時代のことを考えると、今の状況は想像すらできない。驚きというか、不思議な感じがします」

 たまの休日は家で過ごすか、好きなアニメのイベントに出かけることもあるという。長距離選手といえばストイックなイメージがあるが、食べたいものは我慢しないし、願掛けもしない。そんなマイペースさを貫いて、苦しい練習を粛々とこなし、食らいつき続けた。今季の覚醒は、その結果だったのだろう。

 学生三大駅伝も残るは学生スポーツ最大のイベント、箱根駅伝を残すのみ。とはいえ大舞台を前にしても、自然体の口町には全く気負いがない。

「箱根は5区じゃなければどこの区間でも良いです。山はあんまり……。あと、2区も周りの選手が強いので、走りたくないです(笑)。でもまだハーフマラソンのタイムがあまり良くないので、そもそも出られるかわからないですから。まずはこれからの練習で、しっかり20kmを走れるようにしたいです」

 酒井監督は常々「エースだけで勝つのは無理。いかに中間層の選手を育てることができるかが勝利のカギ」と言い続けてきた。服部兄弟という大エースを擁する東洋大だが、勝負を分けるのはエース以外の区間でいかに他大学に差をつけるかにかかっている――。その差を分ける“ジョーカー”は、鉄紺の伝統を体現した、たたき上げの男かもしれない。

関連記事

BACK 1 2 3
青山学院大学
東洋大学
口町亮
服部勇馬
服部弾馬
酒井俊幸

陸上の前後の記事

ページトップ