JリーグPRESSBACK NUMBER

21世紀の浦和にはいつも啓太がいた。
退団の理由、そして残して行くもの。 

text by

轡田哲朗

轡田哲朗Tetsuro Kutsuwada

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE PHOTOS

posted2015/11/05 10:50

21世紀の浦和にはいつも啓太がいた。退団の理由、そして残して行くもの。<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

浦和レッズで数々の栄光と挫折を経験してきた鈴木啓太。その熱はクラブに残り続ける。

「血がつながっていなくたって、本当のファミリー」

 常に、その時、その時に全力を尽くしてきたからこそ、やりきれない思いや悔しい思いを含めて、“今この瞬間”を大事にする。そうした姿勢は、レギュラーとして出場している時期も、出場機会に恵まれていない今季も、決して変わることのない生き様であり、鈴木啓太が浦和に残してきたものだ。

 最後に彼は、離れることを決断した浦和に対して、希望と思いを語ってくれた。

「僕も先輩から感じ取ったものがたくさんあったし、マネしちゃいけないと思うことだってあった。そうやって浦和レッズとしての文化が受け継がれていく。それは、このチームを去った選手たちが、今の浦和レッズを作ってくれているということ。そういう意味では、血がつながっていなくたって、本当の意味でファミリーだと思う。

 だからこそ、浦和に関わる人たちが、自分たちが日本のサッカー界を引っ張っていくんだというものを示していくことだと思う。もちろん、選手の僕らはそれを結果として出していければいい」

 浦和の13番・鈴木啓太を見ていられるのは、長くてもあと2カ月弱。それでも、彼がこのクラブに残したものは確実に根付いている。全ての選手やスタッフが、彼を良い形で送り出したいと思っているのは間違いない。どんな形で幕が引かれるのか、彼がその後のキャリアについてどんな決断をするのかは分からないが、浦和レッズというクラブと鈴木啓太が歩んだ道のりが、クラブの歴史の中で欠かすことのできないものになったということだけは間違いがない。

関連記事

BACK 1 2 3 4
浦和レッズ
鈴木啓太
阿部勇樹
那須大亮

Jリーグの前後の記事

ページトップ