プロレスのじかんBACK NUMBER

全人格をさらけ出して戦う内藤哲也。
ついに覚醒した“絶対音感”の男。 

text by

井上崇宏

井上崇宏Takahiro Inoue

PROFILE

photograph byEssei Hara

posted2015/10/20 18:20

全人格をさらけ出して戦う内藤哲也。ついに覚醒した“絶対音感”の男。<Number Web> photograph by Essei Hara

すっかり悪役が身についてきた内藤。試合会場に吹き荒れるブーイングを、むしろ楽しそうに味わう余裕まで出てきた。

ついに“フルチン”になった内藤。

「天山(広吉)はもう終わってる。早く辞めたほうがいいんじゃないか?」

「柴田(勝頼)は何をしに新日本に戻ってきたんだ。『喧嘩売りに来ました』じゃなくて『安定を求めに来ました』の間違いじゃないのか」

「新日本という会社は棚橋が言ったことは絶対。棚橋が右と言えば右で、左と言えば左」

 まさに制御不能となった。

 タブー全開の、ある意味、人格と人生をかけたフルチンの言動に出た。はたして、その賭けは吉と出たのか、凶と出たのか。

 前田日明もリングサイドに陣取る超満員の両国で内藤は、対戦相手の棚橋よりも圧倒的な声援を浴びた。

 それがすべての答えだ。あれは歴史的な光景だった。
 

関連記事

BACK 1 2 3
内藤哲也
棚橋弘至
武藤敬司
オカダ・カズチカ
新日本プロレス

プロレスの前後の記事

ページトップ