SCORE CARDBACK NUMBER

鬼嫁・北斗晶を励ますために。健介の笑顔がなによりの薬だ。~大丈夫、現役の熱い時のエネルギーがまだあるじゃないか~ 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph byKYODO

posted2015/10/27 06:00

鬼嫁・北斗晶を励ますために。健介の笑顔がなによりの薬だ。~大丈夫、現役の熱い時のエネルギーがまだあるじゃないか~<Number Web> photograph by KYODO

記者会見の席上、「負けずに闘う」と気丈に宣言した北斗晶と、彼女を気遣う佐々木健介。

「おっぱい片いっぽう無いくらい、なんだよ。髪の毛なくなったら泣きますよ。泣きますけど、いいじゃん。生きていけたらいいな。生きるようにがんばります」

 10月3日、乳がんのため右乳房全摘出手術を受けたタレントで元プロレスラーの北斗晶が一時退院し、夫の佐々木健介と共に埼玉県吉川市の事務所で記者会見を行なった。その模様を複数のテレビで見たが、北斗が気丈に報道陣に受け答えをする姿に胸の動悸が止まらなかった。

 隣に付き添う健介は「チャコ(北斗の愛称)がいなかったら、俺は生きていけない……俺が死ぬまで横にいてほしい」と涙ぐむ。その姿と、'85年に長州のジャパンプロレスに18歳で入団したイガグリ少年の姿が重なり、また目がうるうる。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 592文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

翔けよ、世界へ。~日本競馬 最強への軌跡~
北斗晶
佐々木健介

プロレスの前後の記事

ページトップ