スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

早稲田、8年ぶりの予選会でも4位。
相楽新監督が語る全日本大学駅伝。 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byTakeshi Nishimoto

posted2015/07/03 11:00

早稲田、8年ぶりの予選会でも4位。相楽新監督が語る全日本大学駅伝。<Number Web> photograph by Takeshi Nishimoto

箱根の「花の2区」で区間賞を獲った経験もある最上級生、高田康暉。早稲田が待望する「エース」の走りができるか。

 6月20日に行われた全日本大学駅伝の予選会。昨年の全日本大学駅伝で早稲田は7位となり、8年ぶりに予選会に回った(全日本のシード権は6位まで)。

 慶応義塾大学の日吉のグラウンドには、早稲田の「レジェンド」が顔をそろえていた。

 いまはDeNAランニングクラブの総監督を務める瀬古利彦氏。

 3月に早大の監督から退き、4月からは住友電工の指導に当たっている渡辺康幸前監督。

 そして今季から、レジェンドたちが作ってきた栄光を引き継ぎ、競走部の長距離ブロックを預かるのは相楽豊新監督である。

 相楽監督は福島・安積高から早大に1999年に入学し、1年時には箱根駅伝の5区、3年生の時には6区山下りを担当した経験を持つ。4年時には主将も務めたが、ケガのために出場することは叶わず、その年、早大は箱根で15位に沈んだ。

 その後、低迷期に入った母校に対して「シード権を再び取るまでは」と、毎年必ず正月にはサポートに駆け付けたのが、指導者の道に入るきっかけとなった。

 それが縁となり、2005年からはコーチに就任。2010年度の三冠達成では大きな役割を果たし、今年、渡辺監督からエンジのタスキを受けたわけである。

絶対的なエースか全体のレベルアップか。

 全日本の予選会は、駅伝関係では監督としての初陣。

「トップ通過という期待もあったと思いますが、結果は4位。もちろん収穫もありましたが、一方で課題が浮き彫りにもなりました」

 新監督は、そう冷静に振り返った。

 全日本大学駅伝の予選会は、各大学から8名の選手が出場し、2人ずつ4組に分かれて9枠を争う。

 早大は3組目が終わった時点でトップだったが、28分28秒台を出したキトニー(日大)、28分31秒84の自己ベストを出した潰滝大記(中央学院大)ら各校のエースが集う4組目で逆転された。

 早大は4組目に高田康暉(4年/鹿児島・鹿児島実)と井戸浩貴(3年/兵庫・龍野)という経験豊富な上級生を投入し、井戸が29分20秒24で8位とうまくまとめたが、高田は序盤に積極的なレースを見せたものの、29分52秒48で28位に終わり、最終結果で中央学院大、日大、神奈川大に逆転されて4位通過となった。

 このレースを終えて、相楽監督は今年のチームの課題が明確になったという。

「予選会が終わって選手たちに『優勝を狙うには、絶対的なエースが出てくるか、それとも全体的なレベルを上げるか、どちらかしかない』と話しました。収穫としては、この時期に部として緊張感を持ってレースに臨めたこと。一方で、レース前に緊張していた選手もいて、きちんと自分を見つめ直して欲しいですし、実力を養う夏に向けて、プラスになると思います」

【次ページ】 瀬古、渡辺、竹澤、大迫というエースの系譜。

1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

箱根駅伝

陸上の前後のコラム

ページトップ