スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

早稲田、8年ぶりの予選会でも4位。
相楽新監督が語る全日本大学駅伝。 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byTakeshi Nishimoto

posted2015/07/03 11:00

早稲田、8年ぶりの予選会でも4位。相楽新監督が語る全日本大学駅伝。<Number Web> photograph by Takeshi Nishimoto

箱根の「花の2区」で区間賞を獲った経験もある最上級生、高田康暉。早稲田が待望する「エース」の走りができるか。

独走する青山学院大を追う最右翼は?

 全日本大学駅伝の予選会では後塵を拝してしまったものの、例年同様、早大は上位に食い込む力を持っている。

 ただし、今年の大学長距離界は、春から青山学院大の選手たちが記録をどんどん伸ばし、箱根の優勝をきっかけとしてますます成長を遂げている。このままだと、

「青学1強+5」

という構図になりそうだ。

 その5校には早大をはじめ、駒澤大、東洋大、東海大に明大が名前を連ねると見る。

「6つの椅子、どこに座るのか、その取り合いです」と相楽監督は気を引き締めるが、早大は8月から新潟・妙高高原、長野・菅平高原、岩手・奥州市と五次にわたる合宿を張り、秋のシーズンへと挑む。

「青学さんが強いのは実感しています。でも、早稲田として“戦える人間”を作っていきます」

 粘り強い、福島生まれの新監督の言葉が現実のものとなれば、「W」のマークはしつこいレースを展開するはずだ。

 稲穂が実る秋に向け、鍛錬の夏が始まろうとしている。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
箱根駅伝

陸上の前後の記事

ページトップ