サムライブルーの原材料BACK NUMBER

岡崎慎司、史上5人目の4戦連発へ。
6戦記録を持つ男の「気持ち」とは。 

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2015/06/16 11:00

岡崎慎司、史上5人目の4戦連発へ。6戦記録を持つ男の「気持ち」とは。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

日本代表最速で30ゴールを突破し、すでに50ゴールに迫っている岡崎慎司。FWとしてAマッチ最多出場の記録も持っている岡崎だが、連続試合ゴールという記録も手にするか。

高みを目指すうえで、クリアすべきノルマ。

 前回の予選はただ一人全試合に出場している立場。ブラジルW杯、アジアカップの悔しさを経て、勝利に対する思い、チームに対する思いというものが、岡崎のなかでますます膨らんできているように思えてくる。

 データを眺めていると、ある偶然に気づく。

 4試合連続ゴール以上を記録した木村、釜本、渡辺、カズの4選手のうち、カズ以外の3選手がシンガポール相手にゴールを奪っているのである。岡崎の4度目の正直がシンガポール戦というのも興味深い。

 4戦連発に格段の意味はない。だが、どうでもいい記録だとは筆者は思わない。彼が高みを目指すうえで、クリアしなければならないノルマだと考える。

 勝利のために戦い、チームを思って戦う。

 最後は気持ちよ――。岡崎慎司の強い、強い気持ちを埼玉の地で目に焼きつけたい。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
釜本邦茂
三浦知良
木村和司
岡崎慎司
ロシアW杯

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ