なでしこジャパンPRESSBACK NUMBER

予選53得点1失点のスイスを撃破!
なでしこ“苦戦”の原因を選手直撃。  

text by

栗原正夫

栗原正夫Masao Kurihara

PROFILE

photograph byAFLO

posted2015/06/09 16:40

予選53得点1失点のスイスを撃破!なでしこ“苦戦”の原因を選手直撃。 <Number Web> photograph by AFLO

187cmの長身を誇る山根恵里奈は、いわばなでしこの「秘密兵器」。ハイボールを押さえ、欧米勢との体格差を埋めることが期待される。

初の大舞台、出場選手中最高の高さを誇る山根。

 それでも守備面では、スピードあるスイスの攻撃をゼロに抑えたのは評価できる。最も警戒していた10番のバッハマンには何度かドリブル突破から危険なシーンを作られたものの、最後は初の大舞台となったGK山根恵里奈が立ちはだかった。

 12分と55分にDFの背後を取られたものの、山根が冷静な対応でシュートコースを消したことで失点を免れた。終盤に一度CK時に得意のハイボールをこぼし自らピンチを招いた以外は安定した守りが光り、これまで弱点とされたゴール前の高さという武器が加わったことを印象付けた。

 その山根は自身のプレーについて、こう振り返った。

「(勝てて)ホッとしました。緊張感はありましたが、変に固くなることなくリラックスしてプレーできました。10番のスピードは思った以上でしたが、クロスには自信を持って自分からチャレンジしました。(55分のバッハマンとの一対一のシーンについて)あそこは切り返しが深くて焦りましたが、飛び出したタイミングは悪くなかったので、結果的に失点せずによかった。最後の10分はバタつきましたが、80分は落ち着いてできました」

 細かい注文をつければキリがないことは百も承知だが、大会出場552人選手のなかでも最高の高さを誇る新守護神の登場は素直に喜ぶべきだろう。

 攻撃に課題を残すも守備で粘りを見せて、勝ち点3を奪ったあたりはいかにもなでしこらしい。トータルで言うならば、長い大会の初戦としては、上々のスタートになったのではないだろうか。

 これで格下のカメルーン、エクアドルと続くグループリーグの残り2試合の使い方にも幅が広がった。連覇への道はいまだ平坦ではないが、なでしこジャパンは、まず第一関門を突破した。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

山根恵里奈
澤穂希
大儀見優季

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ