マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

日本ハム・中島卓也の「6、7年計画」。
“非力”な高校時代のスカウト秘話。 

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2015/06/09 10:50

日本ハム・中島卓也の「6、7年計画」。“非力”な高校時代のスカウト秘話。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

「目標の選手は川崎宗則」という中島卓也。小兵が守備と足で活路を探る姿も、彼が応援される理由の1つなのかもしれない。

宮本慎也と共通する、ほんとにうまいショートの特徴。

 自身も法政大、大洋、日本ハムで好守の内野手としてプレーしてきた岩井スカウト。こと遊撃手については、いつも評価は辛口である。氏がショートの選手をほめたのを、その時初めて聞いた。

「スローイングがよかった。ガッて強く投げない。ソフトにスナップですっと投げられる。ヤクルトにいた宮本慎也がそうでしょ。ああいうショートがほんとにうまいんだ」

 試合が終わって、岩井スカウトが席を立った。

「ちょっと、お母さん見てくる」

 男の子の将来にはお母さんの特徴が出る。骨格、顔つき、性格、嗜好に持病まで。

 科学的にどうなのかは私にはわからないが、ここまでたくさんの人と出会ってきた“経験則”として、私はそう信じている。

「思ったとおり。体格がよくて明るくて、元気のよさそうなお母さん。本人がすぐそこで顔を洗ってたから、そばで比べたら、僕が175だから身長も176はあるな……」

 うれしそうに笑っている。

「まだどこも狙ってない。僕の隠し玉だから」

 だから、他言無用。その年のドラフトで日本ハムが彼を“まんまと”5位で指名するまで、私は中島選手のことをどこにも書けなかった。

非力、しかしフィールディングは高校No.1。

「守備は間違いなし。球団にはそう報告してね。守備なら3、4年で出てきます。バッティングは確かに非力だけど、悪い打ち方してるわけじゃない。筋トレとプロの食事でどうにでもなる。盗塁できるスピードと感性も持っている。パワーさえつけば、レギュラーになれる子ですよって。6、7年かかるかもしれませんけどってね」

 言葉通り、プロ4年目で代走と守備固め中心に105試合。そして6年目の昨シーズン、二塁手としてレギュラーの座を獲得した中島卓也。

 高校の監督さえ、あまりの非力さに腰を引いたほどだった高校時代。それでもフィールディングなら高校ナンバーワンなのだから……、と口説いて日本ハム入りを実現させた岩井スカウトのイメージ通りに、中島卓也は頭角を現してきた。

「1試合4安打、5安打っていうのもすごいけど、4つ続けて四球っていうのもすごいね。相手のピッチャーにとって、こんないやな存在はいない。しかも延長ありの4時間、5時間の中でね」

【次ページ】 2番、遊撃手は二塁手とは比較にならない忙しさ。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

中島卓也
三嶋一輝

プロ野球の前後のコラム

ページトップ