プロ野球亭日乗BACK NUMBER

交流戦はリーグ優勝への試金石?
好調DeNAは“実力のパ”を倒せるか。 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2015/05/22 12:15

交流戦はリーグ優勝への試金石?好調DeNAは“実力のパ”を倒せるか。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

4番・筒香を筆頭に、生え抜きの若手がDeNAの快進撃を牽引している。就任4年目の中畑監督が悲願のリーグ優勝を果たすためにも、5月26日に始まる交流戦の戦い方がカギになる。

 中畑清監督率いる横浜DeNAベイスターズの快進撃が続いている。

 今季のDeNAは4月12日からドロ沼7連敗で一度はBクラスに転落したものの、連敗明けの4月22日から5連勝すると、5月2日からは6連勝と連勝街道を驀進。今季34試合目となる5月6日のヤクルト戦で、12球団最速の20勝に到達してセ・リーグの首位を走っている。

 強さの柱が、日本一となった1998年の「マシンガン打線」を彷彿させる強力打撃陣であることは、異存のないところだろう。

 主砲の筒香嘉智は44試合(以下記録は5月20日時点)でリーグトップの9本塁打、34打点で、打率も3割2分4厘の2位と三冠争いを演じている。3番の梶谷隆幸も左足首の捻挫で登録を抹消されたが、打率3割1分5厘でリーダース3位につけている。梶谷抹消の穴を下園辰哉らで埋め、7本塁打23打点のホセ・ロペス、5本塁打22打点のアーロム・バルディリスと両助っ人も機能している。

 この強力打線を背景に5点以上を奪った試合(17試合)で16勝1敗と総勝利数(27勝)の半分以上を“打ち勝って”モノにしているのである。

田中-山崎の“勝利の方程式”が接戦の強さに。

 しかもこの打力だけなら快進撃も一過性と言われるところだが、今年のDeNAにファンが期待を膨らませるのはもう一つ、接戦に強い点にある。

 リーグ1位のチーム164得点に対して、総失点154とチーム防御率3.15はいずれも5位。先発陣では3勝を挙げる井納翔一の防御率3.27がトップと、決してズバ抜けたエースもいないが、先発陣には井納の他に4勝を挙げている三嶋一輝、いずれも3勝をマークする山口俊、久保康友とローテーションの軸がしっかりしている。加えて最大のセールスポイントが13ホールドのセットアッパー田中健二朗と17セーブの山崎康晃という“勝利の方程式”を持っていることだろう。

 絶対エースはいなくても、先発陣がある程度試合を作って終盤を迎えれば、2人で確実に白星をモノにできる。ここまで1点差試合は12勝6敗、2点差試合も6勝3敗。競り合った試合での勝率は6割6分7厘と7割近くで勝ってきた。打力で相手を圧することを基本に、終盤の接戦を確実に取れる――。そう……ここまでのDeNAは、その理想的なゲームマネジメントで17年振りのリーグ制覇に向かって快進撃を続けてきているわけである。

【次ページ】 過去10年間、パ球団は大幅にセ球団に勝ち越している。

1 2 3 NEXT
横浜DeNAベイスターズ
中畑清

プロ野球の前後の記事

ページトップ