ボクシングPRESSBACK NUMBER

圧倒的な、あまりに圧倒的なV8。
山中慎介の「神の左」を支える名脇役。 

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph byHiroaki Yamaguchi

posted2015/04/17 11:25

圧倒的な、あまりに圧倒的なV8。山中慎介の「神の左」を支える名脇役。<Number Web> photograph by Hiroaki Yamaguchi

山中慎介の「神の左」は、当てずとも存在だけで相手の動きを大幅に制限している。それでも、最後は左で締めたのが山中らしい試合でもあった。

右より、左よりも本人が満足した「自分のペース」。

 相手に1ポイントも与えない、完璧な勝利――。

 ボクシングは筋書きのないドラマである。サンティリアンと向かい合ったうえで今日のストーリーを描き、そのとおりに遂行してしまうという山中の凄みをあらためて感じ取ることができた一戦であった。

 だが意外なことに、防衛数を8に伸ばした王者がこの試合で最も満足したのは右でも、左でもなかった。ベルトを持ち直してから、王者は言った。

「焦らず、冷静にやれたっていうのが一番ですね。12回あるから、そのなかで倒せばいいと。倒したいという意識は常にありましたけど、考えながら、隙を見ながらやることができました。自分のペースになってしまえば何ラウンドやっても疲れないんで、息も乱れなかった」

 主役の左も脇役の右も、描くべき名ストーリーがあるからこそ光るというものだ。

「山中! おもろかったで! 最高やったで!」

“山中劇場”を見届けた大阪のファンは、野太い歓声と惜しみない拍手をリング上にいつまでも送り続けていた。

関連記事

BACK 1 2 3 4
山中慎介
ディエゴ・サンティリアン

ボクシングの前後の記事

ページトップ