SCORE CARDBACK NUMBER

V8戦に臨む山中慎介が、「似ている」ボクサーとは?
~強烈な負けん気の強さは……~ 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

photograph byKYODO

posted2015/04/01 10:00

V8戦に臨む山中慎介が、「似ている」ボクサーとは?~強烈な負けん気の強さは……~<Number Web> photograph by KYODO

前回は具志堅さんの持つ6連続KO防衛の日本タイ記録を逃し、KOへの執着は益々強い。

 男子の試合としては、日本のリングで今年最初の世界タイトル戦となる。4月16日、大阪で行なわれるWBCバンタム級戦で、山中慎介が8度目の防衛戦のリングに立つ。相手はアルゼンチンから招くディエゴ・サンティリャン。山中同様、負け知らずの選手だが、今や山中といえば「ゴッド・レフト」。ファンもKO勝ちを期待せざるを得ない。

 最近の山中の強さは、国際ボクシング殿堂入りを果たした具志堅用高さんの全盛期を思わせる。同じサウスポーのハード・ヒッターで、左拳に必殺の威力を持つなど、2人には共通点がある。

 前々から山中のボクシングに注目していたという具志堅さんも、かつての自分と似たものを感じていたのだろう。最近、世界王者が一堂に会す場で山中に向かって「アフロにしてみたら」と勧めていた。山中はニヤッと笑うだけだったというが、ボクシングスタイルが似ていることについては満更でもないのだろう。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 508文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<創刊35周年記念号>日本サッカーへの提言。

関連記事

山中慎介

ボクシングの前後の記事

ページトップ