セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

敵地無敗の“旅行代理店モンテッラ”。
同世代から抜け出した名将とフィオ。 

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph byAFLO

posted2015/03/18 10:40

敵地無敗の“旅行代理店モンテッラ”。同世代から抜け出した名将とフィオ。<Number Web> photograph by AFLO

現役時代は卓越した技術と裏への飛び出しでゴールを量産したモンテッラ。イタリア代表ではインザーギやビエリなどとの競争で出場機会は多くなかったが、指導者としては一歩先んじた印象だ。

 フィオレンティーナは、2つのカップ戦でタイトルの可能性を残している。

 ELのベスト16ラウンドとコッパ・イタリア準決勝の1stレグをそれぞれ終えた青年指揮官モンテッラは、静かに闘志を燃やす。

「うちもそろそろトロフィーを掲げてもいい頃だ。私も指導者としてはまだ無冠だし、形に残るものを勝ちとりたい」

 ヴィオラ(=フィオレンティーナの愛称)が最後に獲ったタイトルは、'01年のコッパ・イタリアだ。13年もタイトルから見放されている古豪だが、今季はどうやら様子がちがう。

 欧州カップ戦で上位進出の鍵を握るのは、アウェーゲームでの勝負強さだ。

 モンテッラのフィオレンティーナは、国外での試合で今季まだ一度も負けていない。それどころか、グラスホッパー(スイス)と戦った'13年夏のEL予選プレーオフから、欧州の舞台ではアウェーゲームの無敗記録を続けている。

アウェーでの突出した勝率で、ELのGLを首位で突破。

 北はデンマークから南はギリシャ、東のウクライナから西端のポルトガルまで飛び回った2シーズン合計9カ国・9試合の通算成績は、7勝2分け。アウェーでの突出した勝率によって、モンテッラはチームを2季連続グループリーグ首位突破に導いた。

 トッテナムとぶつかった今季のELベスト32ラウンドは苦戦が予想されたが、敵地ロンドンでの1stレグを1-1のドローに持ち込むと、主導権を握ったまま、フィレンツェのホームスタジアム「フランキ」で2-0の完勝を収め、トーナメントの歩を進めた。

 広大な欧州を股にかけつつ、タイトルへ突き進む古豪フィオレンティーナ。地元紙は、指揮官の持つ引率力に敬意を込めて、彼へ“旅行代理店モンテッラ”の異名を進呈したのだった。

【次ページ】 国内カップ戦でも、王者ユベントスをアウェーで撃破。

1 2 3 4 NEXT
フィオレンティーナ
ビンチェンツォ・モンテッラ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ