リーガ・エスパニョーラ最前線BACK NUMBER

現バルサにも劣らない最強3トップ。
レジェンドたちの「伝説のクラシコ」。 

text by

横井伸幸

横井伸幸Nobuyuki Yokoi

PROFILE

photograph byAFLO

posted2015/03/18 10:30

現バルサにも劣らない最強3トップ。レジェンドたちの「伝説のクラシコ」。<Number Web> photograph by AFLO

ラウールがカンプノウを埋めるバルセロナファンに向けた「静かに」のパフォーマンスはあまりにも有名だ。

 今シーズンのバルサの肝であるメッシ、スアレス、ネイマールのアタックラインがいよいよ機能し始めた。今年に入って全公式戦17試合で40得点、アシストは、メッシ11、ネイマール1、スアレス7の計19。

 互いをサポートしようする気持ちが局面に応じた役割をそれぞれに与え、ゴールを生み出しているようだ。

 バルサのスリートップは'80年代末、クライフがクラブのサッカーを構造的に変えたときからの特徴だが、今季の3人は連係のポテンシャルが非常に高い。個々の能力だけでなく、揃って南米出身ということもプラスになっているのだろう。

リバウド、クライファート、フィーゴのスリートップ。

 ただ、破壊力という点では決して負けていないトリオは過去にもあった。

 たとえば'98年夏に結成されたリバウド、クライファート、フィーゴのスリートップだ。天才的なテクニックと常人にはないひらめきでスタンドを沸かせ、ゴールを量産していたリバウド。

 誰にも真似のできないボールタッチでマーカーを翻弄する一方で、味方のためにスペースを作ることにも長けていたクライファート。

 そしてフィーゴは「銀河系選抜」と呼ばれた2000年代前半のマドリーでの活躍が印象深いが、最も輝いていたのはこの頃。ボールを持つたび目の前のディフェンダーに勝負を仕掛け、敵の守備バランスを巧みに崩していた。

 サッカーファンの記憶とバルサの歴史に残る彼らの熱闘は幾つかある。中でも面白かったのは'99-'00シーズンのカンプノウで行われたリーガのマドリー戦だ。一般的に、この試合のハイライトは後述するラウールの活躍とされている。しかしスリートップを中心とする攻撃陣(クライファートは途中まで)が90分間見せ続けた「バルサの矜持」も驚嘆と称賛に値する。

【次ページ】 10月13日、水曜の夜にカンプノウが満員に。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

レアル・マドリー
バルセロナ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ