野球クロスロードBACK NUMBER

オープン戦初登板のロッテ・田中英祐。
「脱・京大」のために必要なものは? 

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2015/03/12 11:50

オープン戦初登板のロッテ・田中英祐。「脱・京大」のために必要なものは?<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

QVCマリンフィールドの強い風について田中は「もっと強い日もある。対策を練りたい」と語っていた。

伊東監督「150kmを見てみたいね」

 登板予定は18日のソフトバンク戦。おそらく、先発として3回から4回まで投げることになるだろう。

「しっかり抑えてどんどんアピールするのが目標。今回の反省は、次に生かせてはじめていい勉強になったと言えるんで、結果を求めていきたいです」

 そう言って田中は前を向く。

 報道陣から「開幕ローテーションは諦めていない?」との質問が飛ぶと、田中は、ふふっと口元を緩め、こう呟く。

「諦めたら『次』とは言えない」

 伊東監督は「150kmを見てみたいね」と、次回登板での自己最速の更新を期待する。

 田中のプロ野球人生はまだ始まったばかりだ。

 論理的に自己分析し、目の前の目標に向け邁進するのもいいが、次の相手は12球団屈指の攻撃力を誇るソフトバンクである。「ローテーション」などという誘惑を振り払い、「ダメなら二軍で結構」くらいの強気な姿勢で、後先考えず力投する田中も見てみたい。

 それが、もしかしたら「脱・京大」への第一歩となるかもしれないのだ。

関連記事

BACK 1 2 3 4
千葉ロッテマリーンズ
田中英祐
伊東勤

プロ野球の前後の記事

ページトップ