野ボール横丁BACK NUMBER

斎藤佑樹の方向性は間違っている!?
近年最好調のエンジンの活かし方。  

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2015/02/25 16:30

斎藤佑樹の方向性は間違っている!?近年最好調のエンジンの活かし方。 <Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

ここまでプロ4年間の成績は13勝16敗、防御率3.66。5年目のシーズンで飛躍なるか。

 今年の斎藤佑樹はどうなのか――。

 この問いかけは、もはや、この時期の「恒例行事」だ。

 プロ4年で通算13勝の投手で、ここまで注目される選手というのも、それはそれですごい。

 今年はいい、などという報道が盛んにされているが、私の中では去年の変化の方が劇的だった。球の強さに限定すれば、初めて高校時代を超えたと思った。

 今年は確かにさらによくなったように見えるが、あくまで昨年の延長線上の出来事に過ぎない。斎藤自身は、こう口にしている。

「去年は、もうこれ以上よくならないと思ったけど、(今年は)もっとよくなりましたね」

 上半身が去年以上にリラックスしている。それだけに球の走りもいい。

 斎藤は「今はとにかく力を抜くことだけを考えて投げてます」と事も無げに言うが、勝ち気な性格の斎藤にとって、その行為がどれだけ難しいことだったか。

「球はいいよね」という栗山監督のダメ出し。

 3年目、肩の故障から復帰した年は特に顕著だった。

 試合前、ベンチ前でキャッチボールをしているとき、よくこんなシーンが見られた。テークバックからボールを肩の上に持ち上げようとすると、足下にぽろりとボールが落ちる。それぐらい極端にボールを軽く握っておかないと、力を抜くことができなかったのだ。

 ただ、「もっとよくなった」斎藤だが、ここまでの結果は芳しくない。

 8日の紅白戦では2回を投げて1失点。14日のDeNAとの練習試合では3回を投げて2失点。22日のヤクルトとのオープン戦でも4回を投げて2失点した。

 日本ハム監督の栗山英樹は「球はいいよね」と擁護するが、遠回しな「ダメ出し」に聞こえなくもない。

【次ページ】 生き残りたいなら、武田勝になるしかない。

1 2 3 NEXT
斎藤佑樹
北海道日本ハムファイターズ
武田勝

プロ野球の前後の記事

ページトップ