セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

ユーベのポグバに136億円オファー!
「ジダンを売った男」が語る移籍論。 

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph byAFLO

posted2015/01/22 10:30

ユーベのポグバに136億円オファー!「ジダンを売った男」が語る移籍論。<Number Web> photograph by AFLO

ポグバは昨夏のブラジルW杯では5試合で1得点。仏代表のベスト8進出に貢献し、最優秀若手選手にも選ばれた。

 ユベントスMFポール・ポグバに、1億ユーロ(約136億円)の値がついた。

 弱冠21歳ながら、ポグバはスクデット4連覇を狙う王者ユーベの強力なブースター役だ。移籍市場真っ盛りの14日、イタリア紙はこぞって「ポグバ獲りへR・マドリーが本腰」「レアルのペレス会長がメガオファーを用意」「移籍金額は9千万から1億ユーロ」と報じた。

 レアルを初め、バイエルンやパリSG、マンチェスターの2強など、いずれも劣らぬ資金力を誇る欧州の強豪クラブが、ポグバ獲得に名乗りを上げているとされる。

 一斉報道の引き金となったのは、11日の18節ナポリ戦で決めたスーパーゴールだろう。

 前半29分、相手エリア内で高く浮き上がったボールの落ち際を捉えた右足ボレーシュートは、豪快にして緻密な一撃となってゴール右に突き刺さった。目の覚めるような高難度の一撃は、敵地サン・パオロを沈黙させ、3-1の完勝の呼び水となった。

ジダンを売ったお金で最強チームを作ったユーベ。

 ポグバのスーパーゴールは、何より移籍市場を強く刺激した。

 右と左の違いはあれど、チャンピオンズリーグの'01-'02年大会ファイナルで、R・マドリーのMFジダンが見せた決勝ボレーを彷彿とさせたからだ。レバークーゼンの心を折ったジダンのゴールは、今も欧州中に鮮烈な記憶を残している。

 フランス代表のオールラウンダーMFでもあるポグバは、“ジダンの再来”と呼ばれるようになって久しい。となると思い出されるのは、14年前の世紀のトレードだ。

 '01年の夏、ユベントスは、当時の世界最高額となる移籍金1500億リラ(約82億円)で、MFジダンをR・マドリーへ放出した。

 15の後にゼロが10個も並ぶ、途方もない数字を金庫に納めたユベントスは、その恩恵によって、パルマからGKブッフォンとDFテュラムを、ラツィオからはMFネドベドとFWサラスという一級の選手たちを4人も買い揃え、'00年代中盤の最強チームを作り上げた。

【次ページ】 モッジが明かしたジダン売却の舞台裏。

1 2 3 4 NEXT
ユベントス
ジネディーヌ・ジダン
ポール・ポグバ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ