フットボール“新語録”BACK NUMBER

バイエルンの冬キャンプに取材敢行!
異次元の組織力を生む秘密の練習法。 

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2015/01/19 10:50

バイエルンの冬キャンプに取材敢行!異次元の組織力を生む秘密の練習法。<Number Web> photograph by Getty Images

グアルディオラは自らボールを蹴って練習に参加し、身振り手振りを交えて指導する。また、DFを置かないミニゲームやトーナメント形式のメニューなど、選手を飽きさせないように工夫している。

「正しいタイミングで動き出せ!」

ジョゼップ・グアルディオラ(バイエルン・ミュンヘン監督)

 よくサッカー界では「練習を見れば、監督の思考がわかる」と言われている。監督が選手にピッチでやってほしいことの理想形が練習で行なわれるからだ。

 それゆえに練習を非公開にする監督が多く、バイエルン・ミュンヘンを率いるジョゼップ・グアルディオラもそのひとりである。バイエルンの練習が公開されるのは、試合翌日のクールダウンばかり。ペップの意図が読み取れるような練習はほぼ非公開だ。

 ただし、シーズンの中で必ず練習が見られる時期がある。夏と冬に行なわれる「トレーニングキャンプ」だ。

 旅行好きのドイツ人たちがバカンスでキャンプ地を訪れるため、ドイツのクラブはファンサービスの一環として合宿を公開にする文化がある。さすがのペップもこれには従わざるをえず、(一昨年夏のイタリア合宿は半分が非公開になったが)今回のカタール合宿では初日からすべての練習がオープンになった。

 カタールのドーハに足を運ぶと、やはり練習は「ペップ哲学」に溢れていた。たとえば合宿2日目、次のようなセットメニューが行なわれていた。数分の間に、攻撃と守備を交互に行なうメニューである。

【セット1:守備編】

(1)ペップがパスの「出し手」になって、3人の選手が「受け手」として三角形を作って立つ。

(2)その背後に3メートルほど離れて、「プレス役」(守備者)の選手3人が同角度の三角形を作って立つ。

(3)ペップがパスを出し、その受け手に対して近くの「プレス役」が一気に詰め寄り、他の2人の守備者はステップを踏んでプレスに出た選手の背後をカバーする。

(4)受け手がペップにボールを戻したら、守備者3人は元いた位置に素早くステップを踏んで戻る。

(5)これを繰り返し、コーチが笛を吹いたらペップが守備者のひとりにパスを出し(つまり攻守転換)、受け手だった3人がそこに素早く詰めてこのセットは終了。

 この練習のポイントは、「プレス」と「プレスバック」という動きをいかに素早く爆発的に繰り返し行なえるかだ。

【次ページ】 オンとオフの触れ幅が大きい練習。

1 2 3 NEXT
ジョゼップ・グアルディオラ
バイエルン

海外サッカーの前後の記事

ページトップ