沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

牡馬は大混戦、牝馬は一強か!?
2015年のクラシックを占う。 

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph byAFLO

posted2015/01/17 10:50

牡馬は大混戦、牝馬は一強か!?2015年のクラシックを占う。<Number Web> photograph by AFLO

ここまで4戦3勝、2着1回という成績のショウナンアデラ。折り合いにも不安はなく、距離が延びての活躍も期待される。

牡馬クラシックを混戦にした原因とは?

 そのほか、札幌2歳ステークスを勝つも、3カ月半ぶりの朝日杯で7着に敗れたブライトエンブレム(父ネオユニヴァース、美浦・小島茂之厩舎)、今年1月11日のシンザン記念を制し、武豊に歴代単独トップの29年連続重賞勝ちをプレゼントしたグァンチャーレ(父スクリーンヒーロー、栗東・北出成人厩舎)などもいるが、もう一頭、「この馬が伸び悩んでいるからクラシックが混戦になってしまった」と言っていいほどの期待馬がいる。

 ティルナノーグ(父ディープインパクト、栗東・松永幹夫厩舎)である。昨秋、新馬、500万下を連勝したときは、私を含め、多くのファンが、「チーム・ノースヒルズ」によるダービー3連覇が現実味を帯びたように感じた。しかし、つづく京都2歳ステークスは7着、ホープフルステークスは10着に沈んだ。松永調教師が「厩舎開業以来最高」と言うほどの素材でありながら、ここまで走らないのは、何か気持ちの問題かもしれない。それさえクリアできれば、ここに記した上位数頭に伍する以上の走りを見せてくれるはずだ、と、私は思っている。

 はたして、このなかに今年のダービー馬はいるだろうか。

 本稿がアップされる翌日、1月18日の京成杯からも、新たなクラシック候補が誕生するかもしれない。

 今年も、フレッシュな若駒たちの、熱い戦いをたっぷり楽しみたい。

関連記事

BACK 1 2 3
ティルナノーグ
ブライトエンブレム
グァンチャーレ
ミュゼスルタン
サトノクラウン
ライアン・ムーア
武豊
シャイニングレイ
ショウナンアデラ
ダノンプラチナ
ココロノアイ

競馬の前後の記事

ページトップ