SCORE CARDBACK NUMBER

21年ぶりの不祥事、禁止薬物検出の波紋。
~JRAと理化研の危うい関係性~ 

text by

片山良三

片山良三Ryozo Katayama

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2015/01/18 10:30

21年ぶりの不祥事、禁止薬物検出の波紋。~JRAと理化研の危うい関係性~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

12月10日に会見を開いたJRA。7日の中山6Rの払い戻しは、確定時のまま行なわれる。

 日本の競馬の公正は、公益財団法人競走馬理化学研究所によって保たれている一面がある。中央競馬および地方競馬に出走し、上位に入線した馬(JRAの場合は原則として1着から3着まで)には尿検査が義務付けられていて、採取された検体に禁止薬物が含まれていないかを厳正に検査、判定する役目を負っているのだ。

 また、騎手のドーピング検査(覚醒剤や大麻、利尿剤の使用の有無)や、馬の親子判定、個体識別検査を精度の高いDNA鑑定によって行なっているほか、競走馬用の医薬品や健康食品、添加物等の検査等も理化研の独占事業。競馬における、いわゆる不正行為を絶対に見逃さない態勢は、この公益財団法人の手に委ねられていると言っても過言ではない。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

ピンクブーケ

競馬の前後のコラム

ページトップ