野ボール横丁BACK NUMBER

沖縄出身の野球選手は大成しない!?
中日・又吉克樹はジンクスを破るか。 

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2014/12/05 10:40

沖縄出身の野球選手は大成しない!?中日・又吉克樹はジンクスを破るか。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

新人王は広島の大瀬良大地に譲ったが、又吉克樹の成績は例年なら十分に新人王に値するものだった。沖縄の期待を背負い、出世街道を一足飛びに走っていけるか。

人懐っこさの裏に、引っ込み思案が?

 そういう意味では、沖縄尚学高校時代、'08年春に全国制覇を経験し、さらには東都の名門・亜細亜大学で1年生のときからエースの重責をになったソフトバンクの東浜巨などは、その点心配ないはずだった。しかし入団1年目は3勝、2年目の今季も2勝にとどまっている。

 沖縄の選手には、確かに南国生まれ特有の雰囲気がある。又吉もそうで、いつもニコニコしていて、とにかく人懐っこい。スタッフや報道陣に1日に2度も、3度もあいさつをする。

 ただ、沖縄人はその人懐っこさの裏に、往々にして引っ込み思案な面が張り付いているものなのだが、又吉にはそれがなかった。

 取材でも自分が感じたことを、自分の言葉で、きちんと話す。

「中学、高校と、ほとんど野球を教わってない。それが逆に武器になった。日本に初めてきた外国人と一緒で、固定観念にしばられない見方ができるじゃないですか」

「ギラギラ」というよりは「テカテカ」。

 又吉はプロに入るまで、エリートとはまったく無縁だった。中学時代は補欠で、無名の県立高校に進学し、2年秋に「おもしろいボールを投げる」という監督のアイデアで初めて投手をかじった。高校卒業後は、教師になるつもりで環太平洋大学に進む。

 高校時代、「まめ」と呼ばれていたように、昔から背が小さく、高校入学時はまだ身長150cmに届いていなかった。すると高校3年秋ごろから成長期が訪れ、大学生になり180cmに到達。それと同時に、高校時代は120kmにも満たなかった球速が、一気に140km台に乗った。

 大学卒業後は社会人の誘いを蹴って、独立リーグ・四国アイランドリーグplusに所属する香川オリーブガイナーズへ。入団1年目に劇的な成長を遂げ、独立リーグ史上最高位となるドラフト2位で中日に入団した。

 しかし、そうした非エリートの引け目はまったく感じさせない。

「とにかくぶっちぎりの一番になりたい。お金がもらえる選手になりたいですね」

「ギラギラ」というよりは「テカテカ」。どこまでいっても「陽の男」だ。

【次ページ】 安仁屋宗八と又吉との共通点。

BACK 1 2 3 NEXT
中日ドラゴンズ
又吉克樹

プロ野球の前後のコラム

ページトップ