沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

ダノンシャークが競り勝ったマイルCS。
淀の直線に見た「120%」の叩き合い。 

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph byYuji Takahashi

posted2014/11/25 11:10

ダノンシャークが競り勝ったマイルCS。淀の直線に見た「120%」の叩き合い。<Number Web> photograph by Yuji Takahashi

マイルCSには3年連続の出走だったダノンシャーク(左)。8番人気と決して戦前の評価は高くなかったが、鋭い末脚で栄冠をつかんだ。

 今年のマイルチャンピオンシップ(11月23日、京都芝外回り1600m、GI)を制したのは、連覇を狙ったトーセンラーでも、3歳の快速王ミッキーアイルでも、重賞未勝利ながら3番人気に支持されたフィエロでもなく、昨年このレースで1番人気になり、3着に惜敗していたダノンシャーク(牡6歳、栗東・大久保龍志厩舎)だった。

 最内の1番枠から3歳牝馬のホウライアキコが勢いよく飛び出し、ハナに立った。外目の15番枠から出たミッキーアイルもスムーズなスタートを切る。

 スタート直後、ミッキーアイルが、内から先頭に立った馬と馬体を離して2番手を行き、徐々に加速していく……というシーンは、完勝した前走スワンステークスのリプレイのようだった。前走は3コーナー手前で内のベルカントをかわしてハナを奪い、そのまま押し切ったのだが、今回はホウライアキコがハナを譲らない。

はじめて控える競馬をさせられたミッキーアイルは……。

 ミッキーアイルは、デビュー以来初めて、ずっと2番手に控える競馬をした。いや、させられた。

「追いかける形になり、力んでしまった」と鞍上の浜中俊が言ったように、自分の形を崩し、本来のリズムを失ってしまう。

 それでも、3歳マイル王の意地を見せるべく、直線入口で果敢に先頭に躍り出た。

 先頭に立ったミッキーアイルが内に切れ込んだことによって、馬群のなかで脚を溜めていた福永祐一・フィエロの前があき、進路がひらけた。しかし、直線に入ってすぐのところなので、ゴールまでまだ400mほどもある。もう少しスパートをかけるタイミングを遅らせたいところだが、今ここを通らないと、せっかくできた馬群の隙間がとじてしまい、行き場を失う恐れがある。

 福永は、すぐさまフィエロをその隙間に導いた。

「何もかもスムーズで、上手くいきすぎて、思った以上に早く前があいてしまった」

 だが、ここを通ったからには一気にゴールを目指すしかない。フィエロは、内のミッキーアイルと外のグランデッツァの間から抜け出し、さらにスパートをかけた。

【次ページ】 追撃態勢に入ったトーセンラーに何が?

1 2 3 NEXT
トーセンラー
ミッキーアイル
フィエロ
ダノンシャーク
岩田康誠
ホウライアキコ
福永祐一
武豊

競馬の前後の記事

ページトップ