野球クロスロードBACK NUMBER

プライドと現実の狭間で揺れる思い。
江尻、高橋信、藤井のトライアウト。  

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph byGenki Taguchi

posted2014/11/10 11:30

プライドと現実の狭間で揺れる思い。江尻、高橋信、藤井のトライアウト。 <Number Web> photograph by Genki Taguchi

日本ハムから巨人を経て、オリックスで3年目のシーズンを過ごし戦力外通告を受けた高橋信二。今季は出場が10試合、6安打だった。

 11月9日、2年連続となる静岡・草薙球場での12球団合同トライアウトは、今年も雨だった。

 しかし、途中で屋外から室内に移った昨年と違い、ウォーミングアップとシートノックこそ室内だったものの、天候が好転したことによってグラウンドでプレーできたのは、選手やファンにとって幸運だった。

 入場者数は、前日から悪天候が予測されていたため前年の1万人を大きく下回る約5000人。それでも、数年前まで“アンオフィシャル”に近かったイベントだと考えれば、十分に大盛況の部類に入る。

トライアウトの注目度が年々高まっていく中で……。

 トライアウトの注目度が高くなる。それはつまり、NPB12球団の関係者たちの関心も増してくる、ということだ。各球団の編成スタッフはもちろん、昨年に続く視察となった中日の落合博満GMはじめ、DeNAの高田繁GMと、幹部クラスがこの地に訪れていたことが何よりの証拠である。

 落合GMが「いい選手はいっぱいいた」と収穫があったことをほのめかしていたように、選手だって、当然のように球団首脳が目を光らせていることを理解している。今年は特にその意識が高かったようだ。

「独立リーグは考えていません。12球団にこだわりたい。トライアウトもこの1回に賭けてきたんで、2回目は出ないと思います」

 トライアウトの先頭打者として打席に立ち、いきなり本塁打を放った、“ブーちゃん”こと中日の中田亮二がはっきりと言った。

 今まで、ほとんどの選手は「独立リーグや海外も視野に入れて検討したい」と今後の目標を語り、2回目のトライアウトについても「オファーが来なければ考えます」と前向きなコメントを残していたものだ。

 だが今年は、中田のように多くの選手がNPBでの現役続行に強い執着心を見せ、「2度目はない」と、1回目のトライアウトに不退転の決意で臨んだ。

【次ページ】 ソフトバンクの江尻慎太郎が安堵した理由。

1 2 3 4 NEXT
落合博満
江尻慎太郎
福岡ソフトバンクホークス
藤井秀悟
横浜DeNAベイスターズ
高橋信二
オリックス・バファローズ
中田亮二

プロ野球の前後のコラム

ページトップ