プロ野球亭日乗BACK NUMBER

巨人・菅野智之、2年目の挫折と復活。
在りし日の原貢が語った「原家の血」。  

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2014/09/29 11:30

巨人・菅野智之、2年目の挫折と復活。在りし日の原貢が語った「原家の血」。 <Number Web> photograph by Naoya Sanuki

菅野智之、ルーキーイヤーにあげた13勝まであと1つ。そしてそれは、ハーラートップを走るメッセンジャーに並ぶ勝利でもある。

「あの日から、空を見上げるようにしているんです」

 貢さんが亡くなった2日後の5月31日。菅野はオリックス戦のマウンドに上がり、金子千尋との壮絶な投げ合いの末、7回無失点でマウンドを降りた。

「あの日からいつもマウンドに上がる前と上がってから、空を見上げるようにしているんです」

 菅野は言う。

「きっと、じいちゃんが空から見守ってくれていると思った。心強かった」

 倒れる5日前、貢さんはさんざん菅野のことを心配した後に、こんなことを言っていた。

「ただねえ、この激しさというのはオレも一緒なんだ。それでどれだけ損をしてきたことか……。でも、やっぱり男っていうのはそういうのもなきゃいかん! それぐらいの激しさがなくちゃ、大事なところじゃ勝てませんよ」

 貢さんは、あの日も菅野のことを心配していたわけではなかったのだ。

 見た目は優しげだが、原家に流れる激しい血潮を引き継いだこの孫を頼もしく、そして自慢として誇っていたのである。

関連記事

BACK 1 2 3 4
原辰徳
読売ジャイアンツ
原貢
菅野智之

プロ野球の前後の記事

ページトップ