Jをめぐる冒険BACK NUMBER

FC東京・武藤嘉紀と川崎・谷口彰悟。
アギーレ監督に推したい2人のJ選手。 

text by

飯尾篤史

飯尾篤史Atsushi Iio

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE PHOTOS

posted2014/08/15 11:00

FC東京・武藤嘉紀と川崎・谷口彰悟。アギーレ監督に推したい2人のJ選手。<Number Web> photograph by J.LEAGUE PHOTOS

慶應大在学中は1年からエースとして活躍した武藤嘉紀。FC東京の新人で、開幕戦に先発したのは2008年の長友佑都以来だった。

中でも成長著しい、2人の選手。

 なかでも試合を重ねるたびに成長していて、見るのが楽しみな選手たちがいる。

 FC東京のFW武藤嘉紀と、川崎フロンターレのDF谷口彰悟。

 いずれも大学サッカーを経由した今季のルーキーで、ふたりともチームで堂々のレギュラーを張っている。

「大卒」ではなく「大学サッカーを経由した」と書いたのは、谷口が筑波大を卒業しているのに対して、武藤は慶應義塾体育会ソッカー部(サッカー部)を途中退部してプロの世界に飛び込んだ現役の大学4年生だからだ。

 生粋のドリブラーである武藤は、フィッカデンティ監督に突破力とスピードが評価され、4-3-3の左ウイングとして開幕戦のスタメンに抜擢された。

 その後、システムがウイングを置かない4-3-1-2に変更されると、2トップの一角にコンバート。ここまでリーグ戦18試合に出場し、ここ6試合は連続して先発、5ゴールをマークしている。試合中にシステムを目まぐるしく変えるフィッカデンティ流にあって、サイドハーフやセカンドトップもこなす武藤は、戦術上のキーマンでもある。

「こんな動き、出来たっけって自分でも驚いてます」

 圧巻だったのは、2ゴールを奪った18節の清水エスパルス戦だ。

 1点目は敵の右サイドバックと右センターバックの間のスペースに潜り込み、太田宏介のクロスに頭で合わせた。この場面や高橋秀人のパスから左足のシュートに繋げた開始5分のシーンのように、ファーに逃げながらボールを呼び込む動きは、まさにストライカーのそれだった。

「こんな動き、出来たっけって自分でも驚いてます(笑)。2トップでプレーするようになってFWの動き方が体に染み付いてきた。あとはもっと点を取りたいですね」

 一方、2点目は従来の持ち味がさらに磨かれたものだった。こぼれ球を拾ってドリブルで持ち込むと、左、右と二度の鋭い切り返しで相手DFを揺さぶり、迷わずGKのニアサイドをぶち抜いた。

「1回目の切り返しで相手が引っ掛かってくれたので、中にパスする選択肢もあったんですけど、もう1度食い付いてくるのは分かっていたので、貪欲にもう1回切り返しました。あそこでもう1度切り返せば、GKはファーだと予想して動くと思うんですけど、そこでニアを抜く練習をしていたので、狙い通りでした」

【次ページ】 「ボールを奪われるのが大嫌い」と公言。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

FC東京
武藤嘉紀
谷口彰悟
ハビエル・アギーレ
風間八宏
川崎フロンターレ

Jリーグの前後のコラム

ページトップ