REVERSE ANGLEBACK NUMBER

かち上げよりも、学習能力が怖い。
大砂嵐が察知した白鵬の持つ「間」。 

text by

阿部珠樹

阿部珠樹Tamaki Abe

PROFILE

photograph byKYODO

posted2014/07/31 10:40

かち上げよりも、学習能力が怖い。大砂嵐が察知した白鵬の持つ「間」。<Number Web> photograph by KYODO

6日目、日馬富士を引き落としで破り、前日の鶴竜に続き2日連続の金星。ラマダンによる空腹にもめげずに奮闘したが、負け越しで三役昇進は逃して悔しがった。

白鵬の「間」と、それを察知する大砂嵐の学習能力。

 もともとかち上げはリスクの多い戦術だ。腕を上げるので、相手に下から入られやすいし、一気に体を寄せて来られれば、腕が伸びきる前に自分の上体が浮いてしまう。顔をそむけながら避けるという対策もある。

 今場所でいえば、白鵬は間合いの詰め方がすばらしく、大砂嵐にかち上げを許さなかったし、先場所まともに食らった遠藤は、顔を少しそむけることでかち上げを避けて自分有利な体勢に持ち込んでいた。「かち上げは許されるのか」などといったことがネットやメディアで話題になったようだが、禁じ手でもないし、対策はいくらでもあり、それを怠るほうが悪いのだ。

 ともかく、名古屋は大砂嵐にとってかち上げの効果と限界をいろいろ知った場所だった。恐ろしいと思ったのは、白鵬にかち上げが通じなかったあと、「横綱は間が違った」と分析したこと。大横綱の間合いの達人ぶりをしっかり察知したあたり、大砂嵐の学習能力は侮りがたいものがある。

関連記事

BACK 1 2 3
豪栄道
白鵬
琴奨菊
大砂嵐
鶴竜
日馬富士
玉鷲
稀勢の里
千代鳳
遠藤

相撲の前後の記事

ページトップ