SCORE CARDBACK NUMBER

“元大関”高砂親方が語る、新大関豪栄道の可能性。
~ストップ・ザ・白鵬のチャンス~ 

text by

佐藤祥子

佐藤祥子Shoko Sato

PROFILE

photograph byKYODO

posted2014/09/02 10:00

“元大関”高砂親方が語る、新大関豪栄道の可能性。~ストップ・ザ・白鵬のチャンス~<Number Web> photograph by KYODO

力を活かした右四つが得意の豪栄道。9月場所では、万全の相撲を見せることが出来るか。

 昇進伝達式で、「これからも大和魂を貫いてまいります」と、力強く言い切った豪栄道。関脇在位14場所、白鵬を2場所連続で撃破したことが評価されての昇進だった。ある元横綱は、先場所の豪栄道をこう見ていた。

「負けた相撲でも前に出ていて、もう2番くらいは勝てたかも。優勝してもおかしくなかった。豪栄道の初優勝は近いだろうね」

 しかし、新大関のお披露目となるはずの夏巡業は、休場を余儀なくされてしまった。名古屋場所中の12日目に左膝半月板損傷の痛手を負っており、その治療に専念するためだという。

 1985年3月場所後に大関に昇進した元朝潮の高砂親方は、自身の経験を踏まえ、語ってくれた。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

豪栄道

相撲の前後のコラム

ページトップ