ブラジルW杯通信BACK NUMBER

初めての世界大会を味わった124分。
大迫勇也、「負けず嫌い」の逆襲。 

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/07/04 10:30

初めての世界大会を味わった124分。大迫勇也、「負けず嫌い」の逆襲。<Number Web> photograph by Getty Images

W杯ではコートジボワール戦とギリシャ戦で124分間ピッチに立ち、ゴールは0だった。夏からは奥寺康彦氏や槙野智章らもかつて所属した名門、FCケルンで新たな戦いが始まる。

 コロンビアに1-4で敗れた瞬間、大迫勇也はベンチからピッチをまっすぐに見ていた。

 1分け2敗、グループリーグ最下位の勝ち点1。試合終了を告げるホイッスルが、むなしく響いた。

 コートジボワール戦、ギリシャ戦で2試合に先発したストライカーに結局、この日出番は訪れなかった。試合後、彼はピッチで戦った選手たちにねぎらいの声をかけていく。大迫のブラジルでの戦いは終わった。

 翌日、最後のメディア対応で彼は、こう胸にある思いを吐露した。

「結果を出せなかった。その悔しさが一番かな。(このW杯は)俺個人、悔しさしか残らなかったというか、自分に腹が立つというか……そういう大会だったかな」

 ストライカーとして、残さなければならない結果がついてこなかった。静かな口調ながら、胸にある悔しさを押し隠すことはなかった。

不完全燃焼に終わった“W杯デビュー”。

 彼は1トップのレギュラー争いを制して、初戦コートジボワール戦の先発の舞台に立った。安定したポストプレーと、好調ぶりをアルベルト・ザッケローニ監督に買われての抜擢であった。

 守備の際、2トップになって本田圭佑と前線からプレスを激しく掛けていこうとするが、後ろが連動してついてこない。それでもセンターバックとボランチの4人でボールを回すコートジボワールに対して、サポートがないまま果敢に追い続けた。

 全体的に引いて対応したことで前線にボールがなかなか入らず、シュートチャンスは一度も訪れなかった。動き自体は悪くなく、オフザボールのところでチームに貢献しようとする。しかしチームが2点を奪われたところで大久保嘉人と交代を告げられる。“W杯デビュー”は不完全燃焼に終わってしまった。

【次ページ】 普段はクールな大迫が、珍しく感情をあらわに。

1 2 3 4 NEXT
大迫勇也
ケルン
ブラジルW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ