ワインとシエスタとフットボールとBACK NUMBER

ベンゼマ、1222分の無得点を超えて。
「デシャンとならどこまでも行ける」 

text by

田村修一

田村修一Shuichi Tamura

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/06/24 10:30

ベンゼマ、1222分の無得点を超えて。「デシャンとならどこまでも行ける」<Number Web> photograph by Getty Images

プラティニ、ジダンと受け継がれてきた10番を背負い、26歳にしてチームでは年長組に入るベンゼマ。チームが空中分解した南ア大会から4年、フランスは結束を見せることができるか。

「デシャンと一緒なら、どこまでも行ける気がする」

――彼とはワールドカップのことはよく話しますか?

「ああ、チャンピオンズリーグの合間によく話すよ。彼が獲得した最大のトロフィーのひとつがワールドカップだったし、感動も最も大きかった。僕に言わせれば、決勝の舞台でパネンカ(チップキックでのPK)を決めるなんて信じられない。あの冷静さはいったい何なんだ!

 ジズー自身はあの瞬間を最大限に楽しもうとしたと言っている。でもそれこそが、彼が比類なき存在であることの証さ」

――それではデシャンはどうですか?

「結局のところ、グループがどんな風に時間を過ごしていくかは、監督によるところが大きい。デシャンはやるべきことをすべて心得ている。現役時代にはチャンピオンズリーグもワールドカップも獲得した偉大な選手だった。ジズーもアンチェロッティも、現役のときの実績があるから誰もが言葉に耳を傾ける。それはデシャンも同じさ。彼と一緒なら、どこまでも行ける気がするよ」

関連記事

BACK 1 2 3 4 5 6
カリム・ベンゼマ
ブラジルW杯
ワールドカップ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ