日本代表、2014年ブラジルへBACK NUMBER

森重真人がブラジルで得たいもの。
メンバー発表直前に語った「今」。 

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph byToshiya Kondo

posted2014/05/16 10:40

森重真人がブラジルで得たいもの。メンバー発表直前に語った「今」。<Number Web> photograph by Toshiya Kondo

FC東京ではキャプテンに就任、課題だったラフプレーも大幅に改善しさらなるステップアップを目論む森重真人。速さと強さを兼ね備えた日本では貴重なセンターバックだ。

森重が繰り返す、収穫と課題の日々。

――成果が出た試合として、4月19日のセレッソ大阪戦(ホーム)が挙げられると思います。柿谷曜一朗、フォルランというアタッカーに対して、出足の鋭い守備でほとんど仕事をさせなかった。特にあの試合で感じたのは、90分間、集中力が途切れず、隙を与えなかったこと。最終ラインの迫力が、周りの激しい守備を促しているようにも感じました。

「試合に入り込んでいないと、いろいろなことに対応もできない。声だったり、単純にヘディングで跳ね返す勢いだったり……後ろからの気迫というものはチームにも伝わりますから。あの試合は凄く集中してやれた試合ですけど、これを毎回続けていくようにしないとダメですね」

 森重自身、収穫と課題の日々を繰り返している。

 セレッソ戦のように頑強な守備を統率する完璧に近いパフォーマンスを披露することもあれば、大宮アルディージャ戦(5月6日)では最後の最後になって1本のロングパスから決勝点を献上してしまった。ただ、ミスがあろうとも、それを成長の糧にできるのが森重の強みと言えるだろうか。

世界大会ではまだ満足したことがない。

 3歩進んでは2歩下がる。

「三百六十五歩のマーチ」ではないが、結果的には1歩、いや半歩でも進んでいることを彼は実感できている。新たな課題が出てくれば打ち消していくだけ。ゆえに一切の迷いもない。

 最後に一つ、聞いた。

 ブラジルW杯に出場して、何を得たいか、を。

 彼はじっと前を見据えるようにして、言葉を吐き出した。

「僕の場合、ワールドユース、北京五輪を含めて世界大会では満足を得られたことがないんです。だからブラジルでは、絶対に何かを掴んで帰りたい。自信となるものを、しっかりと。

 そのためにも結果は必要。勝ち続けていくことが、何かを得るための一番の近道だと思うので」

 目は口ほどに物を言う。内に秘める不退転の覚悟は、伝わってきた。

 5月12日、W杯メンバー発表。

 森重は順当にメンバー入りし、ブラジルに向けて気持ちを新たにしたに違いない。しかし彼の心にあるのは来月のブラジルよりも、まず17日に控えるガンバ大阪戦のことだろうか。

 次につなげるための今。

 ブラジルで輝くため、森重真人は「今」にこだわる。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

森重真人
FC東京
アルベルト・ザッケローニ
マッシモ・フィッカデンティ
ブラジルW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ