日本代表、2014年ブラジルへBACK NUMBER

森重真人がブラジルで得たいもの。
メンバー発表直前に語った「今」。 

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph byToshiya Kondo

posted2014/05/16 10:40

森重真人がブラジルで得たいもの。メンバー発表直前に語った「今」。<Number Web> photograph by Toshiya Kondo

FC東京ではキャプテンに就任、課題だったラフプレーも大幅に改善しさらなるステップアップを目論む森重真人。速さと強さを兼ね備えた日本では貴重なセンターバックだ。

2014年初戦は、今野の離脱もありフル出場。

 確かに今季の森重は、アジリティーが目につく。並行して対人の強さ、ビルドアップなどストロングポイントのレベルを上げている。

 2014年の代表ファーストマッチとなったニュージーランド戦(3月5日)では、今野の離脱もあって2戦連続の先発フル出場となった。後半35分、相手選手をマークしきれずに失点を許した課題はあったにせよ、セットプレーからの代表初ゴールに加えて、スピードを活かしたカバリングは光っていた。

――あのニュージーランド戦でレギュラー獲りの感触というのは?

「チャンスを与えてもらったので、結果を出さなければいけないという気持ちであの試合には臨みました。ただ、監督からしてみれば2人の存在があるうえで『もうちょっと森重を見てみようか』というぐらいだと思うので、まだまだだと思います。僕としてはこれからもセンターバックとして要求されていることを地道にやっていくしかない。一歩ずつ、いや半歩ずつでもいいから前進していくことを考えたい」

――ザッケローニ監督は常に、全体を35m幅に収めながらコンパクトにして戦うことを要求しています。森重選手にもその意識を強く感じますが、難しさというのは?

「(35mの)ゾーンを、より高くして戦うというのは簡単ではなくて、後ろとしてはしっかりと押し上げていかないといけない。より高い位置でコンパクトにして、それを続けていくということ。前の選手とも合わせていかなきゃいけないし、その部分もこれからしっかりとやっていきたいですね」

「ヨーロッパの常識をクラブでも感じられている」

――今季のFC東京はイタリア籍のマッシモ・フィッカデンティ監督を迎えました。守備に対する規律、細かい要求というところも何かザッケローニ監督と共通した部分があるように見えますが。

「自分のなかでザッケローニ監督とフィッカデンティ監督を比べるようなことはしないようにしています。ただ一つ言えるとすれば代表でやっていることがチームで活かせているし、チームでやっていることが代表でも活かせている。そういう実感は、自分のなかで凄くある。ヨーロッパの常識というものを、クラブでも感じながらやれている部分はプラスになっていると思いますよ」

【次ページ】 森重が繰り返す、収穫と課題の日々。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

森重真人
FC東京
アルベルト・ザッケローニ
マッシモ・フィッカデンティ
ブラジルW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ