フットボール“新語録”BACK NUMBER

「斜めのパス」とビルドアップ力。
ペップで知る、サッカーの新観戦術。 

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph byAFLO

posted2014/03/31 10:30

「斜めのパス」とビルドアップ力。ペップで知る、サッカーの新観戦術。<Number Web> photograph by AFLO

グアルディオラ監督率いるバイエルン・ミュンヘンは、25日に行なわれたブンデスリーガ第27節でヘルタ・ベルリンを下し、史上最速で優勝を決めた。

日本代表は単純な縦パスが多いのでは?

 実際、こういう視点でバイエルンの試合を見ると、ビルドアップにおいて斜めのショートパスが多いことがわかる。全員がサイドステップやバックパスを巧みに踏んで、斜めにパスコースを作っているのだ。サイドバックからウイングへの、サイドラインをなぞるような単純な縦パスはほぼない。

 それに比べると日本代表はサイドバックからウイングへの単純な縦パスが多い気がする。うまくサイドで数的優位を作れているときはいいが、相手がしっかりとブロックを作って圧力が高まると攻めあぐねてしまうのは、それも一因かもしれない。「斜め」の意識をより高めてみるのも手だ。

 この視点を観戦者の立場に応用すると、「斜めのパス」の多い・少ないが、当該チームのビルドアップ力を大まかに判定するのに使える。いかにボールが細かく斜めに動いているか――。ペップによって、また新たな視点に気がつかされた。

関連記事

BACK 1 2 3
バイエルン
ジョゼップ・グアルディオラ
ネマニャ・ビディッチ
マンチェスター・ユナイテッド

海外サッカーの前後の記事

ページトップ