野球クロスロードBACK NUMBER

DeNA・三嶋一輝、2年目で担う大役。
「開幕投手」の重圧を糧にする方法論。 

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2014/03/18 10:40

DeNA・三嶋一輝、2年目で担う大役。「開幕投手」の重圧を糧にする方法論。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

オープン戦で好投し、中畑清監督から開幕投手の大任を命じられた2年目の三嶋一輝。昨年は1年間ローテーションを守り、6勝9敗だった。

「前の登板よりもいい自分を考えて投げたい」

「今までがダメすぎたので全然ホッとしていません。今日のピッチングは60点くらいですかね? 初球の入り方が甘かったり、投げてから体がファースト方向に流れることが多かったんでバランスもまだまだだし、点の取られ方もよくなかったんで。1失点といってもシーズンに入ったらその1点が致命傷になることだってあるんで、そういうところも含めてまだまだだな、と」

 オープン戦の登板はあと1試合。開幕投手、三嶋に慢心はない。

「やっぱり結果を出さないといけないのが一番で。前の登板よりもいい自分を考えて投げたいというか、ピッチングスタイルや野球への取り組みも含めてやるべきことをしっかりやるというか。そうすれば、開幕やシーズンでの自分も見えてくると思うんで」

 三浦は昨年、「誰も出てこないなら俺がやる!」と若手の台頭を促したが、今年はそのような趣旨の発言はなかった。

 理由は明確。若手が育ってきたから。

 そう、今のDeNAには三嶋一輝がいるからだ。

関連記事

BACK 1 2 3 4
横浜DeNAベイスターズ
三嶋一輝
中畑清
三浦大輔

プロ野球の前後の記事

ページトップ