NumberEYESBACK NUMBER

課題は世代交代とペナント奪回。
谷繁新監督のキャンプの1日。
~強竜復活へ正捕手は譲らない~ 

text by

渋谷真

渋谷真Makoto Shibutani

PROFILE

photograph byKYODO

posted2014/02/20 06:10

課題は世代交代とペナント奪回。谷繁新監督のキャンプの1日。~強竜復活へ正捕手は譲らない~<Number Web> photograph by KYODO

ブルペンで谷繁監督と話す達川光男コーチ。頼もしい補佐役だ。

 気温23度、快晴。沖縄県北谷町の2月1日は、例年よりかなり暑かった。谷繁元信にとって26度目のスプリングキャンプだが、過去と決定的に違うのは肩書だ。今季からはセ・リーグ最年長の野手にして、12球団最年少の監督である。

 ドラゴンズとしては59年ぶり。「兼任監督」を語れるのは野村克也、古田敦也らわずかな経験者くらいだろう。そのためか、キャンプ初日に北谷に集まった報道陣は例年より多く、各局のカメラクルーが谷繁監督を追った。どんな動き、練習をするのか誰にも予測がつかないからだ。ただ、谷繁本人は涼しい顔でこう振り返った。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

中日ドラゴンズ
谷繁元信
森繁和

プロ野球の前後のコラム

ページトップ