リーガ・エスパニョーラ最前線BACK NUMBER

バルサ会長交代劇の裏にマドリーが!?
“ネイマール裁判”で見えた深い溝。 

text by

横井伸幸

横井伸幸Nobuyuki Yokoi

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2014/02/11 08:15

バルサ会長交代劇の裏にマドリーが!?“ネイマール裁判”で見えた深い溝。<Number Web> photograph by Getty Images

1月23日、バルセロナは会見を開き、ロセイ前会長の辞任(左)と、バルトメウ新会長の就任を発表した。

ラジオ局も、マドリーの関与を暴露。

 続いてバルセロナのラジオ局で、裁判所の告訴受理の裏にはマドリーの影があったことをあるジャーナリストが明らかにした。きっかけは1月上旬、とあるニュースサイトが「裁判所も検察もネイマールの契約に不正はないと見ている」と報じたことだ。

 いわく、これを目にしたマドリーのフロレンティーノ・ペレス会長はマドリーファンで知られるアスナル元首相に電話をかけ、アスナルは現法務大臣に電話をかけた。「その後24時間経たないうちに検察は考えを改めている。法務大臣からの電話のせいだ」

 ロセイ対カセスで始まった争いが、ここに来てバルサ対マドリー(在マドリードのメディアを含む)に発展したわけだ。

 マドリーはくだんのジャーナリストの告発を即座に否定し、訂正を求めた。当然の反応だ。

マドリーがネイマールに総額167億円のオファーをしていた!

 が、この際ことの真偽はどうでもいい。物的証拠があるわけもなく、証明の仕様がない。それより重要なのは、ペレス(マドリー)の関与があったとしてもおかしくない両クラブの歴史的関係を再確認できたこと。それから、バルサに何かあったときは大抵こういう話になるということだ。60年前、権力に頼ったマドリーにディステファノを横取りされて以来、バルサ側はマドリーの暗躍を抵抗なく信じるようになっている。

 ところで今回の騒動の中で、ペレスは昨年夏、自身の息子を含む特使をブラジルへ送り、ネイマール側になんと計1億2000万ユーロ(約167億円)での移籍をオファーしていたことが判明した。移籍金はバルサの1710万より多い2000万ユーロ。N&N社へのボーナスも2000万多い6000万ユーロ。さらに、N&N社からバルサへの違約金を肩代わりする4000万ユーロという大盤振る舞いだ。

 それでもネイマールはバルサを選んだ。

 金権補強で幅を利かせるペレスが感じた屈辱は、相当なものだったに違いない。

関連記事

BACK 1 2 3
ネイマール
レアル・マドリー
ジョルディ・カセス
サンドロ・ロセイ
サントスFC
バルセロナ
ジョゼップ・マリア・バルトメウ
フロレンティーノ・ペレス

海外サッカーの前後の記事

ページトップ