Jをめぐる冒険BACK NUMBER

Jの劇的な試合日程は、こう作られる。
ドラマを生む「新・日程くん」に迫る! 

text by

飯尾篤史

飯尾篤史Atsushi Iio

PROFILE

photograph byAFLO SPORT

posted2014/02/06 11:00

Jの劇的な試合日程は、こう作られる。ドラマを生む「新・日程くん」に迫る!<Number Web> photograph by AFLO SPORT

広島の2連覇をさらに劇的なものにした1つの要因に、最終節が上位6チーム同士の対戦となった日程にあったことは間違いない。

発表された最終節。この中に優勝争いカードが!?

 設定条件には「絶対」と「可能な限り」と、ふたつのレベルがあって、細かいものまで含めると、100以上にのぼり、また、毎年リニューアルされているという。

「以前は開幕戦をあえてダービーにした年もありましたが、今は開幕戦やGW、最終節がダービーにならないような条件設定にしています。というのも、ダービーは各クラブがしっかりプロモーションを行なうので、多くのファン、サポーターの方々が見に来てくれるんですね。それを開幕戦やGW、最終戦など、ある程度集客が見込める試合でやってしまうのは、もったいないからです」

 シーズンを通して、集客の山をうまく作れるようにしているわけだ。

 こうした行程を経て生まれた新シーズンのスケジュールを眺めてみると、開幕戦に続いて気になるのは、やはり、最終節の対戦カードだ。

 鹿島vs.鳥栖、浦和vs.名古屋、大宮vs.C大阪、FC東京vs.横浜FM、アルビレックス新潟vs.柏、清水vs.ヴァンフォーレ甲府、神戸vs.川崎、広島vs.ベガルタ仙台、徳島ヴォルティスvs.G大阪

 もしかすると今シーズン、どのチームとどのチームが優勝争いを繰り広げるのか、この中に予言されているかもしれない。

 果たして「新しい日程くん」は、これまでの「日程くん」のように神がかり的なスケジュールを組めたのか。その答えは、シーズンの終盤に明らかになる。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5

Jリーグの前後の記事

ページトップ