野球クロスロードBACK NUMBER

山本昌がラジコンを封印した理由。
「50歳まで投げる」ためのオフとは。
 

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph byToshiya Kondo

posted2014/01/09 10:30

山本昌がラジコンを封印した理由。「50歳まで投げる」ためのオフとは。<Number Web> photograph by Toshiya Kondo

トレーニング自体は好きだという山本昌。現在48歳。いつまでも彼が投げる姿を見ていたい。

野球か、ラジコンか……葛藤を乗り越えたきっかけ。

 だからといって、当時からラジコン漬けの日々を送ってきたわけではない。シーズン中も継続しているランニングメニューを欠かしたことはないし、オフになれば鳥取市の「ワールドウイング」で初動負荷トレーニングを集中的に行うなど、コンディショニングを手抜きしたことは一度もない。

 本分は野球。しかしながら脳裏では、「オフなんだから練習はそこそこに。早くラジコンをしたい」とジレンマに苛まれてもいた。自分でもはっきりと認識できるほど、山本昌は野球とラジコンの狭間で葛藤を続けていたのだ。

 オフにおける「自分との戦い」に終止符が打たれたのは'05年。きっかけは、やはり本職の野球が与えてくれた。

 この年に40歳を迎えた山本昌は、7勝8敗、防御率4.89と、主力投手として1年間投げ抜いたシーズンでは過去最低の成績に終わった。

 不甲斐ない結果も要因ではある。それ以上に痛感したのが肉体の衰え。山本昌は、当時の記憶を呼び覚ますように語った。

「引退するまで体を動かし続けないといけないな」

「1シーズン投げ続ければ体に疲労が溜まる。その状態で長い間、休んでしまえば当然、体のあちこちが固くなるでしょ。そこから、急激にトレーニングを始めてしまうと肩やひじが痛くなることもあるし、怪我にも繋がってくる。40歳になってそれが顕著に表れるようになったから、『これは引退するまで体を動かし続けないといけないな』と思うようになった」

 とことんのめり込む性分である。山本昌がトレーニングに没頭するまでに時間はかからなかった。2、3日、体を休めただけでも「調子が悪い」と違和感を抱くようになる。

 トレーニングの成果は、'06年9月16日阪神戦での最年長ノーヒッター(当時41歳1カ月)、'08年の11勝など目に見える形となって表れた。さらに'10年には「片手間で野球をやっていると思われたくない。引退してからいくらでもできる」とラジコンを封印し、野球漬けの毎日を送ることを自分に誓ったのだ。

 ただ、順風満帆というわけではない。

【次ページ】 「いつまでも投げたい」って夢があってもいいじゃない!

BACK 1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

山本昌
山崎武司
浜崎真二
中日ドラゴンズ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ