MLB東奔西走BACK NUMBER

MLB復帰へ狼煙を上げた大家友和。
37歳にして進化するナックルボーラー。 

text by

菊地慶剛

菊地慶剛Yoshitaka Kikuchi

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2013/12/06 10:30

MLB復帰へ狼煙を上げた大家友和。37歳にして進化するナックルボーラー。<Number Web> photograph by Kyodo News

ナックルボーラーとしてメジャーへ再挑戦することになれば、日本人としては初。大家友和は、37歳にして新たな扉を開こうとしている。

「そういうことか」という気づきが面白さを生む。

 失望感を抱きつつも京都に戻った大家は、コーチの言葉を胸に、また練習の日々に明け暮れた。そしてつい最近、自分の中でちょっとした“変化”を感じたという。

「コーチが話してくれたことがそういうことか、とわかったことがあって、それからちょっと変わってきたんです。僕の中ではナックルボールの変化と同様に、その感覚もフラフラするものだと思っていたんですが、ちょっとわかってきた部分が出てきて、ここに来て面白くなってきたなと感じてきています」

 遂にナックルボーラーとしての面白さに気づき始めたのだ。

 今は自分の感覚をしっかり掴むため、とにかく反復練習を繰り返している。キャッチボール相手がいない時でも自宅のガレージ内にネットを設置し、隙があればナックルボールを投げ続けている日々だ。

 もちろんまだ大家自身、現時点で自分のナックルボールが高いレベルで即通用するとは考えていない。そのためにも更に感覚を自分のものにして安定させるしかない。そうすればその先にメジャー復帰という可能性が広がっていくはずだ。

ナックルは年齢を重ねるほど成績が上がる球種。

 だがこれまで活躍してきたウェークフィールドやニークロ兄弟、さらにはRA・デッキー投手らナックルボーラーを見てもわかる通り、ナックルは年齢を重ねれば重ねるほど成績が上がるという特別な球種だ。それだけに、習得に時間を要するともいえる。

 現在37歳の大家には困難な挑戦であることに変わりはない。

「長年かかるところを人より短い期間でここまでやってこられたのは、これまでの自分のキャリアが後押ししてくれていると思います。キャンプが始まるまで2カ月、もしくはマイナーなら3カ月。それまでにどこまで自分のレベルを引き上げるかですね」

 現在の大家の表情には何の迷いも感じられない。

 日本人初のナックルボーラーとして大家がメジャーのマウンドに戻る姿を想像するだけで、自然とワクワクさせられてしまう。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5 6
大家友和

MLBの前後の記事

ページトップ