Number on NumberBACK NUMBER

上原浩治の制球力。
~MLBで図抜けた「K/BB」「WHIP」~ 

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph byJamie Squire/Getty Images

posted2013/12/06 06:01

上原浩治の制球力。~MLBで図抜けた「K/BB」「WHIP」~<Number Web> photograph by Jamie Squire/Getty Images

日本でプレーしていた10年間でリリーフに専念したのは2007年の1年だけだったが、MLBでは見事にクローザーを務めている。

 2013年のワールドシリーズを制覇したのはレッドソックスだった。6年ぶり8度目の優勝。抑えの切り札だった上原浩治も大きく貢献した。5試合に登板して4回2/3を投げ無失点、2セーブを記録した。ア・リーグの優勝決定シリーズでは5試合で6回を投げ無失点、1勝3セーブでMVP。米大リーグに移籍して5年目、上原にとって'13年シーズンは素晴らしいシーズンになった。

 何しろ今年はレギュラーシーズンで73試合、ポストシーズンで13試合、年間86試合も投げている。登板試合数だけを見ても記録的なシーズンだったわけだが、投球内容を詳しく見ていくと、彼の特徴をよく出した上で、チームに貢献したシーズンだったと言える。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

ボストン・レッドソックス
上原浩治

MLBの前後のコラム

ページトップ