ロングトレイル奮踏記BACK NUMBER

前へ進めない。でも歩きたい。
臆病風がトレイルに吹き荒れる。 

text by

井手裕介

井手裕介Yusuke Ide

PROFILE

photograph byYusuke Ide

posted2013/12/04 06:00

前へ進めない。でも歩きたい。臆病風がトレイルに吹き荒れる。<Number Web> photograph by Yusuke Ide

カナダまで残り500マイルを切り、井手くんは強烈な孤独感と恐怖に襲われていた。

パニック状態は抜け出せた、と思っていたが……。

 空が泣きだす直前、次の峠Stevens Passにたどり着いた。カナダまで残り180マイル。マウンテンバイクを走りに来たというバイカーにLucky Man と共に頼み込み、ヒッチハイクは難なく成功した。

 峠から一気にシアトル側のBaringへ降りる。そこは小さな売店とカフェがあるだけで、それまで見た中で最小の「町」だった。この町にはPCT MAMと呼ばれる有名なトレイルエンジェルがいる。彼らは家のガレージをドミトリーのように改装しており、僕達はそこで身を休めることが出来た。ガレージの隅にはバックパッカー達があらかじめ送っておいた補給物資の山がある。果たして残りどれだけの箱が実際に回収されるのだろうか。

 久しぶりに休息日を設け、ガレージの天井を叩く雨音を聞きながら日がなゆっくりと過ごす。Lucky Manと一緒のおかげなのか、おおよそパニック状態は抜け出すことが出来たようだ。

 そう、思っていた。しかし、雷鳴と共にガレージが停電を起こした瞬間、それまでなりをひそめていた臆病風が、台風の如く一気に疾風となって僕を揺らした。この施設に2泊以上することは出来ない。次に来るバックパッカーの為のルールだ。明日はトレイルに戻る。そう考えただけで、憂鬱になった。

冷たい雨の「ハイキング日和」、僕らは歩き出した。

 

 翌朝、カフェで朝食を摂りながら地元の客と話をしていると、トントン拍子で登山口まで送ってくれることになった。

 店の外は暗く、冷たい雨が降っていた。湿った風が、星条旗を強く揺らす。あらゆる施設に国旗を飾る文化は、カナダにもあるのだろうか。登山口で全身を雨具に包み、お礼を言うと、送ってくれた彼が言う。

「たいしたハイキング日和だな」

 気の利いた返しが出来ず、僕はただ苦笑い。この先はPCTの中でも、最も過酷と言われる区間。このタイミングで雨に降られてしまうなんて。でも、やるんだよ。それに、僕の隣には心強い仲間がいる。

「ハイキング日和」、果たしてそうだろうか。確かめるべく、僕らは山へ戻った。

PCTで最も過酷な区間、天候は雨。井手くんはマインドゲームに勝てるのか。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5 6

他競技の前後の記事

ページトップ