スポーツ仕事人BACK NUMBER

山本真由美(アンチ・ドーピング・エキスパート)~スポーツの現場で働く“プロ”に直撃!~ 

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph byphotographs by Shinya Kizaki

posted2013/12/10 06:00

山本真由美(アンチ・ドーピング・エキスパート)~スポーツの現場で働く“プロ”に直撃!~<Number Web> photograph by photographs by Shinya Kizaki

山本真由美さん。

 ドーピング対策は世界的な問題だ。不正なき未来のために、地道な活動が続けられている。

 彼ら・彼女らがいるからこそ、スポーツ界の公平性が保たれている。

 1999年11月、ドーピングの世界的な監視網を築くべく、世界アンチ・ドーピング機関(WADA)が設立された。続いて日本でもJADAが立ち上げられ、文部科学省と力を合わせて、スポーツの高潔性の維持に尽力している。


 イギリスの名門ラフバラ大学に留学していた山本真由美は、そんな“不正の番人”のひとりだ。JADAの一員として、国際会議のために1年の3分の1は海外出張。アスリートへの教育・啓蒙などのために、昨年は国内で175回も研修会を行なった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1296文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

他競技の前後のコラム

ページトップ