沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

前人未到のGI通算100勝に思う、
武豊と同時代に競馬を見る幸せ。 

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph byYuji Takahashi

posted2013/11/26 12:45

前人未到のGI通算100勝に思う、武豊と同時代に競馬を見る幸せ。<Number Web> photograph by Yuji Takahashi

武豊と藤原英昭調教師。2010年に武が落馬負傷した際に乗っていたザタイキは藤原師の管理馬だった。その年のダービーをエイシンフラッシュで制した藤原師は「武豊のいるダービーで勝ちたい」と繰り返していた。

年内に、もう一つの大記録がかかる。

 彼は、20代のころから、「先々の大目標よりも次の一歩」というタイプだった。

 年の初めに「今年は何勝する」だとか「勝率何割をキープしたい」と目標にすることはなく、あえて目先のことに焦点を絞り、「次の1勝」のために全力を注ぐ。最初から遠くを見ようとはしない。通算1000勝を達成したときの目標は「1001勝」だったし、2000勝のときは「2001勝」だった。

 そんなふうに、つねに目の前だけを見ている彼にとって、今年1月に達成したJRA通算3500勝も、このGI通算100勝も「目先の1勝」の集合体にすぎないわけだから、感覚的には「大記録」ではないのかもしれない。

 逆説的だが、そういう考え方だからこそ、こうした「歴史的快挙」を涼しい顔でやってのけることができるのだろう。

 もうひとつ、彼以外には不可能と思われる大記録が年内に達成されるかもしれない。12月15日の朝日杯フューチュリティステークスを勝てば、これも前人未到のJRA全GI勝利(平地22レース)になるのだ。

 さあ、今週も、「武豊のいる競馬」を楽しもう。

関連記事

BACK 1 2 3
武豊
トーセンラー

競馬の前後の記事

ページトップ