NumberEYESBACK NUMBER

駒大2冠で見えた
箱根の「主導権争い」。
~今季の駅伝は序盤戦に要注目~ 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2013/11/21 06:00

駒大2冠で見えた箱根の「主導権争い」。~今季の駅伝は序盤戦に要注目~<Number Web> photograph by Asami Enomoto

山梨学大・モグスの持つ区間記録を更新した駒大4区の村山謙太。

「想定通りのレースです。もう、悪いところはない。今日は満点!」

 11月3日に行なわれた全日本大学駅伝を制した駒大の大八木監督はえびす顔。それはそうだろう。ライバルと目された2位の東洋大に3分以上の大差をつけたのだから。

 これで駒大は箱根駅伝の前哨戦となる出雲、全日本を終えて2冠。早大以来3年ぶりとなる3冠達成も現実味を帯びてきた。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

駒澤大学
山梨学院大学
大八木弘明
東洋大学
服部勇馬
中村匠吾
油布郁人
村山謙太
窪田忍
設楽悠太
酒井俊幸
大迫傑
早稲田大学
日本体育大学
服部翔大

陸上の前後のコラム

ページトップ