Number on NumberBACK NUMBER

驚異のラップタイム。
~伸び続ける男子マラソンの記録~ 

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph byJMPA

posted2013/11/05 06:01

驚異のラップタイム。~伸び続ける男子マラソンの記録~<Number Web> photograph by JMPA

ロンドン五輪では2時間9分37秒で3位だったが、1年後の今年9月、その記録を6分以上短縮する世界記録を樹立したキプサング。

 男子マラソンで、またしても世界新記録が出た。9月29日のベルリン・マラソンで、ウィルソン・キプサング・キプロティチ(ケニア)が2時間3分23秒を記録、2年ぶりに従来の記録を15秒更新したのである。男子マラソンの世界記録更新は最近7年間で4回目。'03年以来10年間、世界記録が出ていない女子マラソンとは対照的に、次々に世界記録が出ているのである。伸び続ける男子マラソンの現状について、改めて詳しく見てみたい。

 キプサングは31歳のベテラン。トラック種目をやっていた期間が長く、初マラソンはわずか3年前、'10年4月のパリ・マラソンだった。'11年3月のびわ湖毎日マラソンに出ていて、2時間6分13秒の大会記録で優勝。同年10月のフランクフルト・マラソンで2時間3分42秒の世界歴代2位(当時)を記録している。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

ハイレ・ゲブレシラシエ
ウィルソン・キプサング・キプロティチ
前田和浩
川内優輝
堀端宏行
中本健太郎
藤原正和

陸上の前後のコラム

ページトップ